NEW

JRA阪神JF(G1)武豊「ダービーへ行きましょう」力強さに股間を覗き見?ウォーターナビレラに懸かる最強牝馬候補の「後継」ミッション!

「デビュー前のファインモーション(’99年生まれ、父デインヒル、母ココット、栗東・伊藤雄二厩舎)にまたがったときに、その力強さに思わず鼻息を荒くしてしまい、伊藤調教師(’07年に勇退)に『先生、これでダービーに行きましょう』って言っちゃったことがあります。先生は少しあきれたような顔をされて、素っ気なく『牝馬だけどな』という返事。慌てて馬から下りて、ファインモーションのまたぐらを覗き込んでしまったことを思い出します」

 詳細は本記事をご覧いただきたいが、武豊騎手が牡馬と牝馬の違いについて語るエピソードとして、真っ先にファインモーションの名前を挙げている。それだけ牡馬勝りの馬だったということだろう。

 そんなファインモーションは、3歳秋にエリザベス女王杯を勝利後、有馬記念(G1)へ出走するも1番人気の期待を裏切り5着に敗れてからリズムを崩してしまう。古馬になってG2を2勝したが、結局3度目のG1勝利には届かず。5歳秋に引退し、伏木田牧場で繁殖入りしたのだが……。

「初年度からキングカメハメハが交配されたように繁殖として大きな期待がかけられていました。しかし、その後も受胎することはなかったといいます。なんでも医学的に受胎することは無理と言われたとか……。結局、当初の最大の使命とされた繁殖牝馬にはなれず、今は伏木田牧場で功労馬として余生を過ごしています」(同)

 そんなファインモーションとは血のつながりこそないウォーターナビレラだが、同牧場に現れた待望の活躍馬である。当時のファインモーションには出走する資格すらなかった来春の牝馬クラシックを狙うためにも、2歳女王の座は譲れない。

 そしてまだまだ先の話だが、ファインモーションが叶えられなかった繁殖牝馬として伏木田牧場を支えていくというミッションもいずれ担うことになるだろう。

 ウォーターナビレラはファインモーションと同じように無傷のままG1制覇を達成できるのか。その答えはまもなく出る。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA阪神JF(G1)武豊「ダービーへ行きましょう」力強さに股間を覗き見?ウォーターナビレラに懸かる最強牝馬候補の「後継」ミッション!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール