NEW

JRA 横山武史にエフフォーリア「乗り替わり」の噂も!? コロナ禍がもたらした“好循環”と外国人騎手来日の功罪

 新型コロナウイルスの新規感染者が減少の一途をたどっている影響で、全国各地の競馬場の入場制限が緩和されつつある。一方、変異株のオミクロン株が日本国内で徐々に広がっており、日本政府をはじめ各行政機関が警戒の色を強めている。

 その影響を受けるのはジョッキーも例外ではない。12日に行われる香港国際競走で騎乗予定の川田将雅騎手と福永祐一騎手だが、政府が帰国者への隔離期間を延長した関係で、今後の情勢次第では年内一杯、国内での騎乗が出来ない可能性も浮上してきた。

 今のところは、水面下でどの程度の隔離期間が必要か確認するなど、上からの報告を待っている状態で本人達も正確にどうなるか分からない状況のようだ。

「感染者が激減した事から、当初は隔離期間が短かったため、遠征した次週から乗れる状況でしたが、現時点では朝日杯FS(G1)の週はアウト。それが更に延びて有馬記念(G1)の週までも無理になるかもしれませんね。

幸いというべきか今年の有馬記念では共に有力馬への騎乗予定がなく、川田騎手は裏開催の阪神で乗る可能性もあるようです」(某トラックマン)

 両騎手にとっては、何とかオミクロン株が流行しないことを切に願うばかりだろう。

 一方で、冗談でも公では言えないことは分かっているが、一部の若手騎手からは、“オミクロン株効果”に期待する声も出始めていたようだ。この背景には短期免許で来日する外国人騎手のことが関係している。

「最近はコロナ禍の状況下で、短期免許取得による外国人騎手の来日がなかったお陰で勝ち星を伸ばした騎手が多数いました。

 来日する外国人騎手は、世界的な名手が多いこともあり、実績で見劣る若手や中堅騎手からすれば、騎乗馬を奪われる天敵ともいえる存在でしょう。ある若手は『(藤岡)佑介先輩の件を見てもそうじゃないですか?』と嘆いていました」(同)

 その件とは、朝日杯FS(G1)へ出走予定のセリフォスのことだ。同馬の主戦は川田騎手が任されていたが、同騎手がダノンスコーピオンに騎乗することが分かっていた。そのため、陣営が藤岡佑介騎手にデイリー杯2歳S(G2)と朝日杯のセットで騎乗を依頼した経緯がある。

 しかも、代打騎乗となった藤岡佑騎手はデイリー杯でセリフォスをしっかり勝利へ導き、1戦目から陣営の期待に最高の結果で応えた。

 藤岡佑騎手も「次はもっと上手く乗れると思うので頑張ります」と、本番へ向けて意気込んでいただけに、先月下旬に短期免許取得を表明したばかりのC.デムーロ騎手へと乗り替わりが発表されたことには、肩を落としたに違いない。

 これには先輩である池添謙一騎手がSNSでフォローする旨のコメントを発信したことでも一躍話題となった。

 藤岡佑騎手と川田騎手は同期であることから、川田騎手を重用している中内田師も藤岡佑騎手へ管理馬を多く乗せるなど高く評価している。師も乗せたかっただろうが、それが通らないくらい社台グループの力が強いということだろう。

 こういった事例を目にした若手や中堅が腐ったり、愚痴をこぼすのも分からなくはない。騎乗ミスでもして負けたのならともかく、勝っても降ろされたのでは、愚痴の一つもこぼしたくもなる。

JRA 横山武史にエフフォーリア「乗り替わり」の噂も!? コロナ禍がもたらした“好循環”と外国人騎手来日の功罪のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待