NEW

JRA C.ルメール絶賛「噂の超大物」が2022年クラシックの中心!? エリカ賞勝ちサトノヘリオス「レコード2連発」も立ちはだかる高い壁

JRA C.ルメール絶賛「噂の超大物」が2022年クラシックの中心!? エリカ賞勝ちサトノヘリオス「レコード2連発」も立ちはだかる高い壁の画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 11日、阪神競馬場で行われたエリカ賞(1勝クラス)は、3番人気サトノヘリオス(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。過去にクロフネ、アドマイヤグルーヴ、キングカメハメハ、エイシンフラッシュ、ヴィルシーナといったG1馬が勝ち馬に名を連ねる出世レースを制し、来年のクラシックへ大きく前進した。

 11頭立て芝2000mのレースは、序盤からルーキー・永島まなみ騎手とジャマンが外連味のない逃げで隊列を牽引。縦長の展開になる中、サトノヘリオスは中団インコースを追走した。内々の経済コースを通った分、最後の直線では前がごちゃつくシーンもあったが、難なく馬群を突破。上がり最速タイの末脚で、2連勝を飾った。

「ペースが流れて乗りやすかったですね。前走も強い勝ち方でしたから、自信を持って乗れました。間を割っていく形で勝てました」

 レース後、そう相棒を賞賛したのは鞍上の岩田望来騎手だ。この日はデビュー戦から手綱を執る川田将雅騎手が香港遠征のために巡ってきた騎乗だったが、見事に“代打”の役割を果たした。川田騎手は引く手あまたのトップジョッキーだけに、重賞初制覇が待たれる若武者にも今後またチャンスがあるかもしれない。

「レース後に岩田望騎手が『間を割っていく形で勝てた』と話している通り、最後の直線で進路が狭くなるシーンがありましたが、それでも勝ち切ったのは力のある証拠。これで未勝利勝ちに続く、2戦連続のレコード勝ちになりましたね。

ちなみに昨年の勝ち馬アドマイヤハダルは皐月賞(G1)で4着に好走。今年も出世レースを楽しみな馬が勝ち上がりました」(競馬記者)

 サトノヘリオスは、これで3戦2勝。敗れたのは4着だった新馬戦だけだが、今回の勝利が超大物と噂される「あの馬」の評価をさらに高めたことは間違いなさそうだ。

JRA C.ルメール絶賛「噂の超大物」が2022年クラシックの中心!? エリカ賞勝ちサトノヘリオス「レコード2連発」も立ちはだかる高い壁の画像2
イクイノックス 競馬つらつらより

「先月の東京スポーツ杯2歳S(G2)でC.ルメール騎手が『楽勝でした』と絶賛したイクイノックスですね。サトノヘリオスが4着に敗れたデビュー戦で、2着メンアットワークに6馬身の大差をつけて圧勝したのがこの馬です。

ちなみにメンアットワークこそ、その後パッとしませんが、3着馬のサークルオブライフは、その後にアルテミスS(G3)を勝ち、明日の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも有力馬の1頭に数えられています。4着馬のサトノヘリオスが好メンバーの揃ったエリカ賞で強い勝ち方をしましたし、やはり来年のクラシックはイクイノックスを中心に動く可能性が高そうです」(同)

「これからの成長が楽しみです」

 これでオープン入りとなったサトノヘリオスが、再びイクイノックスに挑む日はそう遠くないだろう。レース後、岩田望騎手が期待を寄せたように日進月歩の進化で、クラシック大本命にリベンジを果たしたいところだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA C.ルメール絶賛「噂の超大物」が2022年クラシックの中心!? エリカ賞勝ちサトノヘリオス「レコード2連発」も立ちはだかる高い壁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合