NEW

なぜパチンコは「世間から低く見られるのか」…緊急事態宣言化では大バッシングも!? 

【この記事のキーワード】, ,

なぜパチンコは「世間から低く見られるのか」…緊急事態宣言化では大バッシングも!? の画像1

 新型コロナウイルス感染症による第1回目の緊急事態宣言時、パチンコホールの大半は休業要請に従いながらも、世間から強いバッシングを受けた。公営競技と比べて、なぜパチンコは低く見られるのか。その根源の問題について、業界の大御所であるヒロシ・ヤング氏が自身のYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る」にて独自の見解を述べた。

 まず、ヤング氏は「一番根底にある問題」として「民族問題」を指摘。パチンコに対する偏見、先入観にとらわれた見方、差別的な報道のされ方は、これが根柢にあることで生じていると分析した。

 現在の世界はグローバル資本主義の発展に伴い、国粋主義思想が隆盛化。日本でも国家主義に基づく政策で支持された安倍晋三内閣が同一閣僚内閣として戦後最長を記録したが、そういった背景が「よりパチンコバッシングを高めた」とし、多様性の時代としながらも「実際は人々の心がどんどん狭くなってきている」とも続けた。

 また、ヤング氏は「ぱちんこ」という名前についても言及。そもそも名前が「カッコ悪い」とし、さらに「億は勝てない。エエとこ20万円」と、公営競技に比べてスケールが小さい点についても原因のひとつとした。

【注目記事】
パチンコ「時速6万発」時代の礎を築いたCR機が間もなく撤去…あの衝撃と感動を最後にもう一度
パチンコ新台「1901回転」で大当り!? 好調マシンの天国と地獄を味わえた貴重な実戦!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】 

 加えて、例えば競馬には躍動する馬・美しいフォーム・伝統ある血統・戦いの背景など、ロマン=物語があるのに対して、パチンコは機械。「ロマンもへったくれもない」わけで、「自分の中でドラマはあるかも」とした一方、「でも、そこに過剰にロマンを見出しすぎると依存症になる」とぶった切った。

 要するに、メーカーやホールはパチンコを「高尚なもの」として扱いたいらしいが、ヤング氏によれば「四流の小博打」。ヤング氏はそういった安い部分が「好き」だそうで、逆に開き直れば「叩かれることもなくなるのでは?」と話をまとめた。

 なお、当動画の後半ではヤング氏の「SNSやらなすぎ問題」についても触れている。こちらを含めて、興味のある方は是非とも当動画をご覧いただきたい。ウィットに富んだヤング氏のトークに思わずニヤリとしてしまうことは間違いなしだろう。

なぜパチンコは「世間から低く見られるのか」…緊急事態宣言化では大バッシングも!? のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合