NEW

JRA有馬記念(G1)ステラヴェローチェ陣営「敗因扱い」の手のひら返し!? 功労者からのM.デムーロ乗り替わりに菊花賞後のコメントも関係か

JRA有馬記念(G1)ステラヴェローチェ陣営「戦犯扱い」の手のひら返し!? 功労者からのM.デムーロ乗り替わりに菊花賞後のコメントも関係かの画像1
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 26日に中山競馬場で行われる有馬記念(G1)に出走を予定しているステラヴェローチェ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)は、M.デムーロ騎手と新たにコンビを結成して挑むことが分かった。

 ステラヴェローチェは、間違いなく今年の牡馬クラシックを盛り上げた1頭だ。春の皐月賞(G1)は6番人気で3着、日本ダービー(G1)は9番人気で3着と大健闘。2番人気に推され、ラスト一冠を目指した前走の菊花賞(G1)で4着に敗れていた。

 あと一歩でG1タイトルに手が届かなかったとはいえ、主戦を任された吉田隼人騎手とのコンビでクラシック三冠を皆勤。共同通信杯(G3)5着からの巻き返しに貢献した吉田隼騎手は、ステラヴェローチェ陣営にとって頼もしい存在だ。

JRA有馬記念(G1)ステラヴェローチェ陣営「戦犯扱い」の手のひら返し!? 功労者からのM.デムーロ乗り替わりに菊花賞後のコメントも関係かの画像2
吉田隼人騎手 撮影:Ruriko.I

 しかし、そんな功労者に告げられた今回の乗り替わりは、まるで手のひらを返したかのような残酷な仕打ちにも映る。共同通信杯敗戦を含め、3戦でコンビを組んでいた横山典弘騎手が降板となった際も、ファンから賛否両論が沸き起こった。そしてまた、吉田隼騎手の降板という格好で物議を醸すこととなった。

 確かにM.デムーロ騎手は阪神JF(G1)をサークルオブライフで制したばかり。一時期は大きく成績が落ち込むこともあったが、オークス(G1)でもユーバーレーベンを勝利に導いたように、大舞台に強い騎手でもある。惜敗が続くステラヴェローチェにとって、プラスアルファが欲しいという意図はなんとなくわかる。

 だが、春から辛苦を共にしてきた吉田隼騎手を降板させてまでの乗り替わりには、「デムーロ大歓迎」「絶対に買う」と喜ぶ声もあった一方で、「この馬には隼人が合っている」「須貝(調教師)は現役時代にどれだけ名騎手だったの?」など、陣営の判断を快く思わない声も出ていたようだ。

「降ろされるほどの重大な騎乗ミスはしていなかったように思えましたが……。ただ、須貝厩舎の管理馬にはソダシもいましたからね。ソダシが秋に連敗したことも吉田隼騎手としては痛かったでしょう。

そこへきてステラヴェローチェも少し勿体ない競馬で菊花賞4着でしたから、陣営との蜜月の関係に少しずつ亀裂が入っていたのかもしれません。勿論、馬には何の責任もないだけに、有馬記念では面白い存在ですね」(競馬記者)

 そこで少し引っ掛かったのは、神戸新聞杯(G2)後に各騎手が残したレース後の気になるコメントだ。

 このときは極悪馬場での開催。断然の1番人気を裏切る4着に敗れたダービー馬シャフリヤールは、道悪に苦しんでダービーで見せたような末脚は不発。福永祐一騎手も「この馬は良でこそのタイプと感じました」と振り返っている。

 その後、シャフリヤールは菊花賞に目もくれず、ジャパンC(G1)1本に絞ったものの、最終追い切りでも絶好調時の動きが戻らないままだった。

 2着のレッドジェネシスにしても、1番人気に支持された菊花賞で13着に惨敗。鞍上の川田将雅騎手は「レース前から苦しさを感じる返し馬でしたし、前走の疲れが競馬場に着いてから出てしまった印象です」とコメントした。

 いずれも神戸新聞杯での激走が見えない疲れとなって尾を引いたと考えられるため、これは同じレースで勝利したステラヴェローチェも例外ではないだろう。

JRA有馬記念(G1)ステラヴェローチェ陣営「敗因扱い」の手のひら返し!? 功労者からのM.デムーロ乗り替わりに菊花賞後のコメントも関係かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待