NEW

JRA【阪神C(G2)展望】グレナディアガーズ・ソングラインら中心に混戦模様“スーパーG2”は今年も超ハイレベル! 短距離路線は3歳馬の独壇場!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA【阪神C(G2)展望】グレナディアガーズ・ソングラインら中心に混戦模様スーパーG2は今年も超ハイレベル! 短距離路線は3歳馬の独壇場!?の画像1

 25日(土)、阪神競馬場では阪神C(G2)が行われる。その賞金額からスーパーG2とも呼ばれる一戦に、今年も1400mに強豪スプリンターとマイラーが集結する。中でも注目は2018年生まれの3歳世代となりそうだ。

 ちょうど1年前の朝日杯FS(G1)を先頭で駆け抜け、2歳マイル王に輝いたグレナディアガーズ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。当時は未勝利戦を勝ち上がったばかりで、7番人気という伏兵ながら堂々のレコード勝ちを収め、短距離界の主役候補に躍り出た。

 ところが年明け初戦のファルコンS(G3)で2着に敗れると、続くNHKマイルC(G1)でも3着。そして、秋初戦の京成杯AH(G3)でも3着と、3戦連続で1番人気を裏切り、評価を落とした。

 4番人気で臨んだ前走のマイルCS(G1)は、鞍上に池添謙一騎手を起用したが、8戦目で初めて掲示板を外す13着に大敗。以前からささやかれていた早熟説が現実味を帯びる結果となった。

 ただし、前走は池添騎手がレース後に残したコメント通り、「壁を作れず、力んでいてリラックスさせられなかった」ことが大きかった。

 巻き返しに向けて、鞍上はC.デムーロ騎手にスイッチする。阪神1400mは未勝利戦を勝ち上がったコースでもあり、1ハロンの距離短縮もプラスに働く可能性が高そうだ。

 今後を占う上でも試金石の一戦となりそう。早熟説を吹き飛ばす激走で1年ぶりの勝利を飾れるか。

JRA【阪神C(G2)展望】グレナディアガーズ・ソングラインら中心に混戦模様スーパーG2は今年も超ハイレベル! 短距離路線は3歳馬の独壇場!?の画像2
ソングライン 撮影:Ruriko.I

 グレナディアガーズに先着した経験があるソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎)は重賞2連勝を狙う。

 デビューは2歳の6月と早かったが、ここまで間隔を空けながら大事に使われてきた。キャリアは7戦と浅く、まだ底を見せていない魅力がある。

 素質の一端を垣間見せたのが、シュネルマイスターとハナ差の接戦を演じた5月のNHKマイルCだった。直線先んじて抜け出したところ、ゴール直前に内にもたれてしまったのが響いた。今回ライバルとなるグレナディアガーズに2馬身半先着を果たしたのもこのレースだ。

 唯一大きく崩れたのは15着に終わった桜花賞(G1)。このときは暴走するメイケイエールに馬体をぶつけられる大きな不利を被った。

 夏以降は関屋記念(G3)こそ3着に取りこぼしたものの、前走の富士S(G2)は中団から直線馬群を割って鋭伸。52kgの軽量も味方につけ、待望の重賞初制覇を飾った。

 距離は久々の1400mとなるが、不安は桜花賞以来2度目となる右回りの方だろう。全くダメということはないだろうが、こだわって左回りを使われてきた印象もある。逆にここを楽勝するようなら、来年の短距離路線を賑わせる1頭になりそうだ。

JRA【阪神C(G2)展望】グレナディアガーズ・ソングラインら中心に混戦模様“スーパーG2”は今年も超ハイレベル! 短距離路線は3歳馬の独壇場!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か