NEW

パチスロ新台「1万4000枚オーバー」の衝撃! 万枚報告も続出のモンスターマシンへ熱視線!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ新台「1万4000枚オーバー」の衝撃! 万枚報告も続出のモンスターマシンへ熱視線!!の画像1

 6号機が登場してから早くも3年が経過。当初は規制の厳しさからネガティブな意見が続出していたわけだが、現状は万枚報告も珍しくない状況である。

 印象的なマシンは『パチスロ鉄拳4デビルVer.』。導入前より出玉性能の高さで話題を呼んでいたが、いざ導入となると「16000枚オーバー」を吐き出す仰天のデータも発見された。

 これは5号機においても滅多にお目にかかれない出玉だ。『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』や『沖ドキ!』などと同レベルの出玉性能を持った怪物マシンが6号機で登場した瞬間とも言えるだろう。

 ただし、『パチスロ鉄拳4デビルVer.』はAT「平均1500枚」、フリーズ経由なら「平均2000枚」と6号機の規制の中で極限まで威力を高めた仕様。今後、本機以上の性能を持ったマシンが登場するかは疑問だが…。

【注目記事】
パチスロ新台「特化ゾーン=99%ループ」シリーズ最強クラスの上乗せ性能が“2400枚完走”を導く‼―パチスロ編―
パチンコ「275連・一撃6万発」の伝説を生んだ超爆連マシンが再臨! 魅惑の約98%ループRUSHが再び!?

 そんな中、12月6日登場の新台が「14000枚オーバーを叩き出した」と話題になっている。そのマシンとはエレコの『泡盛』だ。

「本機は未だ仕様の全貌が明かされていない謎多き新台ですが、有識者の間では『リノタイプ』と言われており、いわゆる“状態”に突入すれば『リアルボーナスが約90%ループする強力な性能!?』と話題になりました。

ボーナスはBB(約130枚)とRB(約70枚)が存在。1回あたりの枚数は控えめといえますが、高ループであるため20連や30連といった連チャンも現実的なようです。リノタイプで有利区間が存在せず、2400枚の制限を気にしないで出玉を伸ばせるのであれば大きなセールスポイントでしょう」(パチスロライター)

 実は12月のリリースより前に某ホールで先行導入が行われており、その際に「一撃5000枚」や「3000Gハマり」など大暴れする様がインターネット上で注目されていた。

 今回の「14000枚オーバー報告」に対してユーザーは「続々と万枚出てる」「近所でも12000枚出てた」などの意見も目立ち、本件に限った出玉ではないことが伺える。

 万枚を狙うギャンブラーにはオススメのマシンかもしれない。本機を発見した際に、チャレンジしてみるのもいいだろう。

パチスロ新台「1万4000枚オーバー」の衝撃! 万枚報告も続出のモンスターマシンへ熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合