NEW

JRA 阪神C(G2)武豊で「覚醒」したG1馬が得意距離を狙い撃ち!? 年末の「軍資金稼ぎ」に最適の伏兵とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA 阪神C(G2)武豊で「覚醒」したG1馬が得意距離を狙い撃ち!? 年末の「軍資金稼ぎ」に最適の伏兵とはの画像1
ラウダシオン 撮影:Ruriko.I

 2021年も残すところあと僅かとなった。中山競馬場では26日に有馬記念(G1)、28日にホープフルS(G1)が、大井競馬場では29日に東京大賞典(G1)がそれぞれ行われる。世間の多くは給料日の後であるとはいえ、暮れのG1三連戦を前に、軍資金は多いに越したことはないだろう。

 そこで狙ってみたい伏兵が、25日に阪神で開催される阪神C(G2)に出走を予定しているラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 13、14年に同レースを連覇したリアルインパクトの初年度産駒として、19年の6月にデビューした同馬は、初陣を見事に勝利で飾ると、その年の朝日杯FS(G1)まで駒を進めたが8着と敗れた。

 しかし、翌年に初戦のクロッカスS(L)を快勝すると、ファルコンS(G3)2着を挟んで挑んだNHKマイルC(G1)では、9番人気の低評価ながら、テン乗りのM.デムーロ騎手と共に見事優勝を果たした。

JRA 阪神C(G2)武豊で「覚醒」したG1馬が得意距離を狙い撃ち!? 年末の「軍資金稼ぎ」に最適の伏兵とはの画像2
武豊騎手

 なお、このG1制覇に一役買っていたのが武豊騎手だ。

 2歳時は中団より後ろの競馬になることの多かったラウダシオンだが、クロッカスSで武豊騎手とコンビを組むと、好スタートを決めてまんまと逃げ切り勝ち。

 この競馬によって馬が目覚めたのか、続くファルコンSでも好スタートから2着に粘り込み、3歳マイル王決定戦でビッグタイトルを獲得した。

 自身2度目のJRA・G1勝利でもあった斉藤崇師はレース後、「2度連続ユタカさんがスタートを決めてくれました。今回ミルコが促したらすぐに反応してくれたのは、その2走でユタカさんが教えてくれたおかげだと思います」と感謝のコメントを残した。

 そんなラウダシオンであるが、再び武豊騎手とのタッグで挑んだ同年のマイルCS(G1)では15着に大敗。その後は右回りが不得手と判断されたのか、東京と中京でのみ使われ続けており、近頃では典型的なサウスポーとしてのイメージができつつある。

 かといって、右回りの成績が悪いと考えるのは早計だ。

JRA 阪神C(G2)武豊で「覚醒」したG1馬が得意距離を狙い撃ち!? 年末の「軍資金稼ぎ」に最適の伏兵とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合