NEW

パチスロ「累計販売台数23万台!! 4号機の方向性を決定づけた怪物マシン」~4号機名機伝説~ 『ニューパルサー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.75】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「累計販売台数23万台!! 4号機の方向性を決定づけた怪物マシン」~4号機名機伝説~ 『ニューパルサー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.75】の画像1 昔もいまも、パチスロの王道として幅広い層から支持されているのが、かつてはAタイプと呼ばれた、ボーナスのみで出玉を増やすシンプルかつオーソドックスな仕様のマシンである。

 5号機以降、そのジャンルでは北電子の『ジャグラー』シリーズと、パイオニアの『ハナハナ』シリーズが二大勢力として圧倒的なシェアを誇っていることは、もはや周知の事実であるわけだが、もうひとつ忘れてはならない「王者」がいる。山佐の『パルサー』シリーズだ。

 その系譜を遡ると、1980年にリリースされた史上初の箱型スロット『パチスロパルサー』に辿り着く。

 同作は尚球社(現・岡崎産業)が製造、日活興業(現・NET)が販売を担ったマシン。厳密には山佐のマシンではないが、企画・開発には山佐グループの総帥で技術者の佐野慎一氏が関わっていた。

 1985年に1号機体制に移行すると、山佐は正式にメーカーとして業界に参入。自社ブランドとして『プラネット』を、そして日活興業へのOEM製品として『パルサーXX』をリリースする。

 両機種が搭載した「打ち手を選ばぬオーソドックスな仕様とスペック」と「テーブル式リール制御による多彩な出目」は、いわゆる「山佐スタイル」として同社のマシンのひな形となり、『パルサー』の名とともに長きにわたり受け継がれてゆくのであった。

…と、前置きが大変長くなってしまったが、そんな伝統あるネーミングを冠した同社の4号機第1弾が、1993年春にリリースされた『ニューパルサー』である。

パチスロ「累計販売台数23万台!! 4号機の方向性を決定づけた怪物マシン」~4号機名機伝説~ 『ニューパルサー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.75】の画像2


 仕様は、言うまでもなく伝統を受け継いだオーソドックスなAタイプなのだが、ビッグ絵柄に従来からの赤い「7」に加えて、緑色の「カエル」が採用され、表面上のBR比率が2:1になったことは、古くからのファンを驚かせた。

 ちなみに、ビッグは揃えた絵柄でファンファーレが異なり、「カエル」の場合は「ゲコゲコ」と鳴き声が聞こえるところが、当時としては斬新な試みだった。

パチスロ「累計販売台数23万台!! 4号機の方向性を決定づけた怪物マシン」~4号機名機伝説~ 『ニューパルサー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.75】の画像3

パチスロ「累計販売台数23万台!! 4号機の方向性を決定づけた怪物マシン」~4号機名機伝説~ 『ニューパルサー』前編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.75】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合