NEW

【東京大賞典(G1)展望】オメガパフューム史上初4連覇へ、「充実」ミューチャリーは昨年のリベンジ狙う!川田将雅クリンチャーは「右回り」で一変も!?

【この記事のキーワード】, ,
【東京大賞典(G1)展望】オメガパフューム史上初4連覇へ、「充実」ミューチャリーは昨年のリベンジ狙う!川田将雅クリンチャーは「右回り」で一変も!?の画像1
オメガパフューム

 年末の大一番、東京大賞典(G1)が今年も29日に大井競馬場で行われる。2021年最後のG1を勝利で締めくくるのは、果たしてどの馬になるだろうか。

 最有力は、もちろんレース史上初の4連覇を狙うオメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)だろう。

 1年前に3連覇を遂げて以降は勝利がなく、2走前の帝王賞(G1)では得意舞台でまさかの5着に敗れた。この敗戦で地方ダートでの連続馬券圏内は9戦でストップ。年齢的な衰えを指摘する声も上がったが、それを払拭したのが前走JBCクラシック(G1)での走りだった。

 オメガパフュームにとって決してベストとはいえない小回りコースが舞台。スタートで出遅れると、道中は後方に待機して、向正面で徐々に進出していった。4角ではまだ6番手という位置だったが、短い直線を鋭く伸びて、勝ったミューチャリーに半馬身差まで詰め寄り、2着に入った。

 叩き2戦目で、同馬にとってベストの舞台に変わる今回は、最大目標の4連覇を飾って来春の種牡馬入りへ。年の瀬の大井で4度目となるM.デムーロ騎手の笑顔は咲くか。

 昨年のこのレースで5着に敗れたミューチャリー(牡5歳、船橋・矢野義幸厩舎)は充実期を迎えている。

 前走のJBCクラシックは好位追走から早め先頭の積極的な競馬で、レース史上初めて地方馬が制覇する快挙を遂げた。

 いい意味で馬が変わったのは今年5月の大井記念(G)。それまでは追い込み一辺倒で、直線脚を余す場面が目立ったが、このレースでは強気に捲る競馬で早めに先頭に立ち、6馬身差で快勝。続く帝王賞こそ4着に敗れたが、白山大賞典(G3)2着を経て、前走の金星につなげた。

 5着だった昨年の当レースを振り返ると、ゴール前ラスト1ハロンで最も鋭い伸びを見せていたのがこの馬。充実一途の今なら昨年の0秒2差を逆転する可能性は十分あるだろう。

 鞍上は前走勝利に導いた金沢の吉原寛人騎手から御神本訓史騎手に戻る。デビューから一貫して手綱をとってきただけに、今度は自身の力でミューチャリーにG1勝利をもたらしたいところだ。

【東京大賞典(G1)展望】オメガパフューム史上初4連覇へ、「充実」ミューチャリーは昨年のリベンジ狙う!川田将雅クリンチャーは「右回り」で一変も!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?