NEW

パチンコ「図柄揃い=2400発」が高ループする超スピード先駆けマシン…CR版が打てるのも残りわずか!!

【この記事のキーワード】,

パチンコ「図柄揃い=2400発」が高ループする超スピード先駆けマシン…CR版が打てるのも残りわずか!!の画像1

 日本漢字能力検定協会が毎年行っている恒例行事。その年を漢字一字で表現する「今年の漢字」が先日発表されました。

 2021年に選ばれた漢字は「金」。東京オリンピック・パラリンピックにて日本人選手が多くの金メダルを獲得し、国民に勇気と元気を与えてくれたことを考えれば納得の選択と言えるのではないでしょうか。

 そんな「今年の漢字」をパチンコに置き換えてみたら何が選ばれるのか。私なりに考えてみたところ、今年は「速」ではないかという結論に至りました。時速3万発を超えるような超スピード新台が続々と登場。ホールを大いに盛り上げていた印象です。

 特に下半期はその傾向が強かったように思います。初当り含む電サポ中3連チャン達成でRUSHが3倍速となる『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン』を筆頭に、数々のスピード自慢たちがユーザーへ驚きと喜びを提供しておりました。

【注目記事】
パチスロ「有利区間の変更」で6号機は変わるか!?【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.18】
パチスロ「天井=最強特化」で激アツの狙い目!!「〇〇」に注目で大チャンス!?

 個人的に強く印象に残っているのは「1時間19分で5万4000発」という衝撃の実戦結果が報告された『リアル鬼ごっこ2 全力疾走チャージ翼Ver.』です。本機は約57.4%(RUSH突入率)→約87.9%(RUSH継続率)→約93.8%(上位RUSH継続率)といった具合に連チャン性能がグングン上昇する特徴的なスペックが魅力となっています。

 そしてもう一機種『Pバキ319ver.』に至っては、1時間余りで「6万発」という更に上をいく大記録が話題となりました。このほかにも「午前中で9万発」など、その圧倒的スピードを武器に各地で大暴れしているようです。

 本機は通常時に大当り・小当りが別々に抽選されている特殊スペック。どちらも確率は1/319.6で、前者はほとんどが通常大当り(2R出玉のみ)でRUSH直撃は1%しかありません。対する後者は、約51.2%の振り分けでRUSH突入となる仕様です。

 RUSH継続率は約85%で、大当りの80%が10R約1360発という高火力。それに加え、この間は「時短3回転+残り保留2回」という短期決戦が繰り広げられます。前半は秒速決着のためスピード感はトップクラス。波の荒い機種ですが、この爆速を一度味わったらクセになること間違いないでしょう。

 私が紹介した上記マシンは一部に過ぎません。これ以外にも爆速を披露している機種は数多く存在しているのです。このスピード革命ともいえる状況を鑑みれば、今年の漢字を「速」と答えるユーザーも多いことでしょう。

 ただ、この爆速ムーブメントは今に始まったことではありません。凄まじい勢いで出玉を加速させる異次元の怪物。確変中の変動時間は平均0.7秒で、「図柄揃い=2400発」が高ループするというとんでもないCR機が存在していたのをご存じでしょうか。

パチンコ「図柄揃い=2400発」が高ループする超スピード先駆けマシン…CR版が打てるのも残りわずか!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合