NEW

JRA事実上「戦力外通告」の岩田望来がいよいよ土俵際!? ホープフルS(G1)サトノヘリオスで止めたい重賞「89連敗」の不名誉

【この記事のキーワード】, ,
JRAホープフルS(G1)サトノヘリオスで止めたい重賞「89連敗」の不名誉、事実上の「戦力外通告」受けた岩田望来がいよいよ土俵際!? の画像1
川田将雅騎手

 今月18日のターコイズS(G3)で2着に入ったアンドラステ(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎)は、来年1月に中京競馬場で開催される京都金杯(G3)に、川田将雅騎手とのコンビで向かうことが分かった。

 このコンビは7月の中京記念(G3)勝ちを含め、これまで2戦2勝と好相性。またアンドラステ自身も、今年の京都金杯と同じ中京芝1600mの舞台を、デビュー2戦目の1勝クラスで快勝している得意コース。条件が揃いそうな年始の縁起レースで、待望の重賞2勝目も期待できそうだ。

JRAホープフルS(G1)サトノヘリオスで止めたい重賞「89連敗」の不名誉、事実上の「戦力外通告」受けた岩田望来がいよいよ土俵際!? の画像2
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 一方で、無念の降板となったのが、今月19日の阪神1Rをヴァレーデラルナで勝って、JRA通算200勝を達成した岩田望来騎手だ。

 26日終了時点で87勝、全国リーディングトップ10入りをほぼ手中におさめている期待の若手だが、未だ手の届かない重賞初勝利を目指す上で最良のパートナーとなっているのがアンドラステである。

 コンビ2戦目となった昨年のパールS(3勝クラス)を勝利してオープン入りを決めると、続くエプソムC(G3)で4着。その後の関屋記念(G3)を1番人気で敗れると、次走の京成杯オータムH(G3)では惜しくもC.ルメール騎手に乗り替わりとなった。

 だがルメール騎手でも勝てなかったことで、岩田望騎手に再びチャンスが巡ってきた。コンビ再結成となったターコイズSで2着、今年初戦のマーメイドS(G3)でも初距離の2000mながら0秒4差の4着に奮闘した。

 しかし、7月小倉の中京記念でまたもや岩田望騎手の元から離れると、鞍上を強化された川田騎手の騎乗で見事に重賞制覇を達成。このとき、ダノンチェイサーに騎乗していた岩田望騎手としても心中は複雑だったかもしれない。

 その後、10月の府中牝馬S(G2)で再度復縁した人馬だが、レースではゴール寸前でシャドウディーヴァの強襲に遭い2着。そして冒頭のターコイズSでもミスニューヨークに差されて惜敗し、ついに3度目となるコンビ解消が決まった。

 これは陣営から突きつけられた事実上の「戦力外通告」とさえいえる乗り替わりだろう。

 なお今年に入ってからも重賞で好走を続けているアンドラステだが、馬主であるクラブ法人・社台レースホースの規定により、来年の3月末には引退することがほぼ確実となっている。

「岩田望騎手はこれまで重賞未勝利とはいえ、若手では成績も抜けており、28日のホープフルS(G1)でも有力馬の1頭サトノヘリオスがスタンバイしています。

とはいえ、コンビで一度も重賞を勝てていないアンドラステの引退が、間近に迫っていることは気にするなという方が無理でしょう」(競馬誌ライター)

 アンドラステの使えるレースは限られてくる上に、引退までのリミットは残り3ヶ月。苦楽を共にした人馬が再び巡り合う機会は、果たしてやってくるのだろうか。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA事実上「戦力外通告」の岩田望来がいよいよ土俵際!? ホープフルS(G1)サトノヘリオスで止めたい重賞「89連敗」の不名誉のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか