NEW

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否の画像1
オメガパフューム

 29日、大井競馬場で行われた東京大賞典(G1)は、オメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)が4コーナーで外に大きく振られる不利をはねのけ優勝。18年から、このレース4連覇という空前絶後の偉業を成し遂げた。

 レース後には、川田将雅騎手のクリンチャーと壮絶な叩き合いとなった最後の直線を振り返ったデムーロ騎手。「直線は本当に長かったです。なかなか終わらなかったです」と本音を漏らしながらも、4連覇を達成して「とっても気持ち良いですね」と満面の笑み。「この馬にありがとう、という気持ちです」と相棒を労った。

 そんなデムーロ騎手対し、ネット上で疑問を呈するファンもいたようだ。

 問題となったのは、ゴール板を通過する瞬間に見せたデムーロ騎手の動作だ。ゴール板を過ぎる直前に両手を手綱から離し、何度かガッツポーズするシーンが映し出されていた。

 両手を離していたのは、おそらくほんの数秒のことだろう。デムーロ騎手が手綱から両手を離すパフォーマンスといえば、ゴールする瞬間の「飛行機ポーズ」で物議を醸してきた過去がある。

 直近で思いつくのは2019年の東京大賞典。両手を大きく横に広げたシーンが目に焼き付いているファンも多いはずだ。今回は両手を前に突き出す“ほぼ飛行機ポーズ”だったため、悪目立ちはしなかったが、それでも両手を手綱から離していたのは事実だ。

 ネット上のSNSや掲示板などでは「(デムーロ騎手の行為は)ゴール直前に手綱から両手を離す愚行。厳罰にするべきだと思います」、「ゴール前に追うのをやめて両手離すのは油断騎乗に該当しませんか?」「騎乗停止だろ」など、“常習犯”のデムーロ騎手に対し、疑問の声が上がった。

 一方で「体幹の強さがすごい」と純粋にデムーロ騎手を褒める声もあれば、「飛行機ポーズじゃなかっただけマシ」「悪いのはわかるけど、あれが見たい自分もいる」など批判とも擁護ともとれる声が入り混じっていた。

 デムーロ騎手は、これまで「飛行機ポーズ」でJRAから何度か過怠金を科せられたこともある。また処分こそなかったが、2年前の東京大賞典ではJRAとNARの双方からきつくお灸を据えられたことも本人は明かしている。

「今回は4連覇という偉業でしたし、ゴール前は激戦でしたから喜びを抑えきれなかったのでしょう。裏ではJRAもしくはNARから注意を受けたかもしれませんが、飛行機ポーズのような派手さはなかったためか、表面上お咎めはなかったようですね。

たとえ勝利を確信したとしても、やはり危険な行為なので、悪質な場合や繰り返し行われた場合は騎乗停止などの処分があってしかるべきだと思います」(競馬誌ライター)

 本件に限らず、JRAには油断騎乗や危険騎乗には厳正に対処してもらいたいところだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA M.デムーロ「愚行、厳罰にすべき」「体幹すごい」……東京大賞典(G1)オメガパフュームで4連覇、控えめ「ほぼ飛行機ポーズ」も賛否のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?