NEW

2022年初春のパチスロ大本命! 昭和を舞台とした『番長』最新作は爆裂要素を多数搭載!?

【この記事のキーワード】,

2022年初春のパチスロ大本命! 昭和を舞台とした『番長』最新作は爆裂要素を多数搭載!?の画像1

 2つの「頂」が絡み合う、新たなゲーム性。大都技研のグループ企業「パオン・ディーピー」による最新パチスロ『押忍!番長ZERO』の詳細が、徐々に判明しつつある。

 お馴染みの轟金剛、その祖父である轟鋼鉄が主役に抜擢された本機は、1G純増約2.7枚、1セット30G継続のAT「頂ROAD」を搭載。通常時は液晶右にある「押忍カウンター」の押忍ポイントを貯めてボーナス当選を目指す流れで、この押忍ポイントは毎ゲームの成立役、厳密に言えばベル以外の成立で獲得抽選が行われる。

【注目記事】
パチスロ「10000枚突破」報告も浮上の傑作…ファンも納得の激アツ情報に注目!! 
パチンコ「2400発+α」の爆裂で魅了した革命機! ガツンとくる出玉の集中は未知の体験!!

 小役はリプレイ、ベル、弱&強チェリー、弁当箱、チャンス目に加えて、本機は零絵柄揃いも存在。零絵柄揃いは状態で出現率が変化するのが特徴で、リール左の液晶に風神が出現した場合は零絵柄揃いの高確率状態となる。

 押忍ポイントが一定数貯まると前兆を経由して対決へ発展。対決の種目は「卓球対決」「かるた対決」「虫取り対決」「ベーゴマ対決」「ローラースケート対決」「縁日対決」「ボウリング対決」の7種類で、「狂犬のノリマロ」「疾風のミキ」「煉獄のチャクソン」「粛清のマザワ」「挽歌の潮(うしお)」といったキャラと、舞台である激動の昭和に相応しいコミカル且つスリリングな演出が展開される。

 もちろん「特訓」は前兆の役割を担い、鉄塊が重くなるほどチャンス。鉄塊落下に繋がる「紐引っ張り演出」には新たな法則があり、鉄塊落下示唆演出発生は次回の紐引っ張り演出で必ず段階アップor鉄塊が落下し、2段階目発展時は次回の紐引っ張り演出で鉄塊落下が約束される。

 対決勝利時は主に番長ボーナス(BB)orREGが始まり、BB中の7絵柄揃いがATへのメインルート。BBは前半20G、後半10Gの2部構成で、前半は全役でメーターアップ抽選→後半はそのメーター色に応じて7揃い期待度が変動する。 

2022年初春のパチスロ大本命! 昭和を舞台とした『番長』最新作は爆裂要素を多数搭載!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合