NEW

パチンコ「時速5万発」「一撃最大10500発」マシンなどで強烈な存在感を発揮! 老舗メーカー「2021年下半期の活躍」を振り返り!

【この記事のキーワード】, , ,

パチンコ「時速5万発」「一撃最大10500発」マシンなどで強烈な存在感を発揮! 老舗メーカー「2021年下半期の活躍」を振り返り!の画像1

 2021年も話題の新作を多数リリース。老舗パチンコメーカー・平和は上半期こそヒット作に恵まれなかったが、8月以降の下半期では「時速6万発マシン」「最大10500発獲得の一発台」などの新台をリリースし、怒涛の巻き返しを見せた。

 まず、8月デビューの『P新鬼武者 DAWN OF DREAMS』は、1回転あたり約40発を獲得できる強烈な小当りラッシュが最大のウリ。初当り時は80%で確変「決戦準備中」へ突入し、その「決戦準備中」で20%を引くことができれば、晴れて小当りラッシュ+確変の「バトルモード」突入となる。

 この「バトルモード」は通常大当り(20%)を引くまで継続する仕様で、突入時の平均出玉は驚異の10000発オーバー。突入までのハードルは高いものの、一度でも入れば一撃大量出玉も狙えるのだ。

 一発の破壊力は現行機トップクラス。ただ、先述した通り、小当りRUSHまでのハードルが高いからか、予想以上の反響は得ることができず、大ヒットには至らなかった。

 そうした中で、10月に登場した『Pうまい棒』(アムテックス製)は前評判を覆す活躍を見せ、現在も高稼働を継続中だ。

 初当りまでの流れは、まず筺体中央の役物を狙って玉を発射。この役物内にある「クルクル橋」「押し出し役物」「うまいプレス」を突破、あるいは失敗後の「うまみ号」で救済されればタコ役物へ移行し、最終的に回転体の赤い部分に玉が入れば、筐体中央の液晶が変動する。

 図柄揃い確率は約1/34.3で、図柄揃い後は右打ち→V入賞で10R約1500発(設計値)×3セットの大当り「うまい棒NUS(ボーナス)」がスタートする。さらに、大当り後は残保留4個の「おまけチャンス」が始まり、各保留で1/2.2をパスするたびに約1500発の出玉が上乗せされる仕組みだ。その保留すべて大当りとなれば、計10500発の出玉を獲得することが可能なのである。

 一発台タイプ特有の玉の動きに加えて、自力感満載の保留連機能も搭載した『Pうまい棒』。来年以降の活躍も期待したいところだ。

パチンコ「時速5万発」「一撃最大10500発」マシンなどで強烈な存在感を発揮! 老舗メーカー「2021年下半期の活躍」を振り返り!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合