NEW

JRA横山武史「関西大物厩舎」急接近で岩田望来大ピンチ!? 一昨年0、昨年1鞍のはずが年明け中山金杯(G3)から大攻勢

【この記事のキーワード】, , ,
JRA横山武史「関西大物厩舎」急接近で岩田望来大ピンチ!? 一昨年0、昨年1鞍のはずが年明け中山金杯(G3)から大攻勢の画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 来年でデビュー4年目、岩田康誠騎手の息子であり、藤原英昭厩舎所属の岩田望来騎手。今年は年間で自身最高となる88勝を挙げ、全国リーディングでも6位という結果を残し、大活躍の1年となった。

 関西若手の看板騎手としての存在を確立しつつある岩田望騎手だったが、厳しい勝負の世界であることもまた事実。今年中央最後の開催日となる28日のレースで「前走・岩田望騎手」が1番人気に応えることが出来なかった2頭が乗り替わりになり、その2頭ともが勝利するという騎手として悔しい出来事が起こった。

 1頭は立志S(3勝クラス)に出走したノルカソルカ、そしてもう1頭はホープフルS(G1)に出走したキラーアビリティだ。

 また、その2頭ともに騎乗したのは横山武史騎手で、岩田望騎手にとってJRA競馬学校の2年先輩にあたり、今年の全国リーディングでは1つ上の順位である5位と、関西・関東の若手看板騎手として競い合うライバルだ。

 乗り替わって挙げた勝利は横山武騎手にとって、史上最年少となる年間G1・5勝、さらにはJRA通算300勝目となり、2レースともメモリアルな勝利になった。乗り替わったレースがピックアップされることになっただけに、岩田望騎手の悔しさもひとしおだったのではないだろうか。

 さらに横山武騎手の勢いはとどまることを知らず、岩田望騎手の騎乗馬だけでなく、密接な関係を築いている友道康夫厩舎にも接近している。

 2020年の騎乗数が0、2021年の騎乗数が1とほぼ友道厩舎の管理馬に騎乗する機会はなかった横山武騎手。だが年明けの5日、中山競馬場で行われる中山金杯(G3)ではヒートオンビートに、10日の同じく中山競馬馬で行われる迎春S(3勝クラス)では、母シーザリオの良血馬ルペルカーリアに騎乗と、上位人気が予想される馬での出走が予定されている。

 逆に2021年、岩田望騎手の年間勝利数を厩舎別にすると、友道厩舎での勝利数は、藤原英厩舎と並び2番目に多い5勝。騎乗数は3番目に多い37回。重賞にも6度参戦するなど、友道厩舎は密接な関係を築いている厩舎であることが分かる。

 そういった背景からも横山武騎手の友道厩舎への接近は、岩田望騎手にとっても気が気ではないのではないだろうか。

 2020年、2021年と2年連続で全国リーディングでトップ10にランクインしているのは、横山武騎手と岩田望騎手の2人だけ。しかし現状、横山武騎手は中央でG1・5勝を含む重賞10勝、岩田望騎手は重賞未勝利と大舞台の活躍という側面では2人に大きな差が生まれつつある。

 関東若手の看板としてだけでなく競馬界の看板になりつつあるライバルが、岩田望騎手の有力馬、そして密接な厩舎に接近している。大レースでは悔しい結果が続いているが、来年はしっかりと結果を出すことで、2学年上の先輩へ意地を見せてほしい。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRA横山武史「関西大物厩舎」急接近で岩田望来大ピンチ!? 一昨年0、昨年1鞍のはずが年明け中山金杯(G3)から大攻勢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか