NEW

パチスロ「ノーマルタイプ究極の復刻版」がまもなく撤去… シンプル演出がゲーム性に彩を添える名機を振り返り!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「ノーマルタイプ究極の復刻版」がまもなく撤去… シンプル演出がゲーム性に彩を添える名機を振り返り!の画像1

 4号機時代の1996年に登場した、エレクトロコインジャパンの『ゲッターマウス』。

 ビッグとREGの出現バランス及び連続性を極限まで高めただけでなく、基本はボーナス絵柄の組み合わせ型ながらも、斜めオレンジテンパイや並行トリプルテンパイからの小役ハズレ型などといった豊富かつ美麗なリーチ目を採用し、多くのファンを魅了した。

【注目記事】
パチンコは「14万発」達成のV確STタイプが好調!パチスロで高稼働を実現したのは…
パチスロ「リアルボーナスの連チャン」で出玉が加速…!! 3択勝負がアツい超話題作を振り返る!

 1月末日に撤去を迎えるアクロスの5号機『ゲッターマウス』は、そんな名機の絵柄配列から代表的なリーチ目までを忠実に再現。まさしく“究極の復刻版”と呼ぶに相応しい、A PROJECTの力作と言える。

 ボーナスはビッグとREGの2種類で、ビッグは最大310枚、REGは最大115枚の純増。ビッグ確率は設定1:284.9分の1~設定6:234.9分の1、REG確率は設定1:297.9分の1~設定6:234.9分の1で、合算出現率は設定1:145.6分の1~設定6:117.5分の1となる。

 ちなみに、初代のビッグ確率は設定1:292.5分の1~設定6:240.9分の1、REG確率は設定1:327.6分の1~設定6:264.2分の1だった。

 通常時には「ゲッチュー演出」なる演出が存在し、基本的に筐体上部のイチロー(中央)点灯はリプレイ、ジロー(左)点灯はオレンジ、サブロー(右)点灯はスイカに対応。複数点灯を含めた点灯パターンは全7種類で、発生タイミングなどに応じて期待度が変化する仕組みだ。

パチスロ「ノーマルタイプ究極の復刻版」がまもなく撤去… シンプル演出がゲーム性に彩を添える名機を振り返り!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合