NEW

業界の大御所、有名パチプロから「ガチ説教」された過去… わずか「1号」で休刊した伝説のパチンコ雑誌を振り返る

【この記事のキーワード】, ,

業界の大御所、有名パチプロから「ガチ説教」された過去… わずか「1号」で休刊した伝説のパチンコ雑誌を振り返るの画像1

 演者兼社長としてパチンコ業界に携わるヒロシ・ヤング氏。そんなヤング氏が早稲田大学在学中に盟友・大崎一万発氏と知り合ったことは以前に当サイトでも述べた通りで、今回の記事は、その続きである。

 大学時代のヤング氏と大崎氏は、頻繁に学校外で顔を合わすほどの仲ではなかったそうだ。4年生の時に大崎氏から「高知新聞に決まった」と就職先を聞いたものの、次に見かけたのはテレビ画面。

【注目記事】
パチスロ『ミリオンゴッド』とは異なる魅力でファンを虜に…世にも珍しい「単位昇格型」特化ゾーン搭載の激アツ5号機を打ち納め
パチスロ新台「ノーマルタイプ屈指の名機」が“改新”されたゲーム性で再臨!新台分析―パチスロ編―

 そのテレビ番組はテレビ朝日の「プレステージ」で、当時は「パチンコ必勝ガイドがパチンコを紹介するコーナー」があり、それに大崎氏と当時の編集長・末井昭氏が出演していたそうだ。

 次に会ったのは、高田馬場にある某パチンコ店。夕方からの新装開店に向かったところ、偶然、そのホールで大崎氏と再会したという。

 当時、ヤング氏は同じく高田馬場にある某パチスロ専門店で、「ゴミクソみたいなモーニングプロ」をやっていたとのこと。モーニング台は2分の1で高設定だったそうで、それを打ち続けることで月に「17万円」ほど稼いでいたそうだ。

業界の大御所、有名パチプロから「ガチ説教」された過去… わずか「1号」で休刊した伝説のパチンコ雑誌を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合