NEW

JRA【愛知杯(G3)展望】「堅実派」マジックキャッスル前走大敗から「ルメールマジック」巻き返しへ、アンドヴァラナウトは同舞台で重賞2勝目狙う

JRA【愛知杯(G3)展望】「堅実派」マジックキャッスル前走大敗から「ルメールマジック」巻き返しへ、アンドヴァラナウトは同舞台で重賞2勝目狙うの画像1
マジックキャッスル

 15日(土)、中京競馬場では牝馬限定重賞の愛知杯(G3)が行われる。ハンデ戦らしく、波乱傾向が強い一戦で、過去10年で5度も馬連万馬券が飛び出している。

 想定メンバーから今年も混戦模様となりそうだが、中心は昨年の覇者マジックキャッスル(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)でいいだろう。

 3歳時に牝馬三冠を皆勤。秋華賞(G1)では、デアリングタクトの2着に入った実力馬だ。昨年は愛知杯で始動すると、ランブリングアレーとの激しいたたき合いをクビ差で制し、待望の重賞初制覇を飾った。

 その後も阪神牝馬S(G2)2着、ヴィクトリアマイル(G1)3着、クイーンS(G3)2着と堅実な走りを続けていたが、前走の府中牝馬S(G2)は1番人気を裏切って15着というまさかの大敗。鞍上を務めた戸崎圭太騎手は『日刊スポーツ』の取材で「走りがバラバラでした」と首をひねった。

 この敗戦を受けて、陣営はエリザベス女王杯(G1)に向かわず、愛知杯連覇へと照準を定めた。鞍上にはC.ルメール騎手を配して前走大敗からの巻き返しを期す。

 そのルメール騎手だが、19年から3年連続でこのレースに1番人気馬で臨んでいるが全敗している。また、牝馬限定戦となった2004年以降は連覇を遂げた馬はいない。ハンデも含めてマジックキャッスルには厳しい条件が揃いそうだが、復活勝利を挙げられるだろうか。

 勢いではアンドヴァラナウト(牝4歳、栗東・池添学厩舎)の方が上だろう。

 3代母ダイナカールと祖母エアグルーヴはともにオークス馬で、近親にはドゥラメンテ、ルーラーシップ、アドマイヤグルーヴなどのG1馬が並ぶ超良血馬。昨秋は1勝クラスを勝ったばかりでローズS(G2)に挑むと、春の実績馬を抑えて勝利を飾った。

 続く秋華賞でもアカイトリノムスメと0秒2差の3着に好走。デビューから7戦連続で馬券圏内をキープしている安定感も魅力だ。

 鞍上はデビューから福永祐一騎手が務めてきたが、左鎖骨骨折で療養中のため松山弘平騎手へ乗り替わる。5日には京都金杯(G3)を制するなど4勝を挙げ、絶好のスタートを切った鞍上の勢いも侮れない。ローズSと同じ中京芝2000mで重賞2勝目を狙う。

JRA【愛知杯(G3)展望】「堅実派」マジックキャッスル前走大敗から「ルメールマジック」巻き返しへ、アンドヴァラナウトは同舞台で重賞2勝目狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合