NEW

JRA【日経新春杯(G2)展望】実績断然ステラヴェローチェが中心!ライバルは「調教抜群」ヨーホーレイク、武豊と「初コンビ」フライライクバード!

JRA【日経新春杯(G2)展望】実績断然ステラヴェローチェが中心!ライバルは「調教抜群」ヨーホーレイク、武豊と「初コンビ」フライライクバード!の画像1
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 16日には中京の芝2200mを舞台に日経新春杯(G2)が行われる。

 実績的には、有馬記念(G1)4着のステラヴェローチェ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が中心となるだろう。有馬記念後は中山金杯(G3)に登録があったが、出走を見送っていた。

 その前走はエフフォーリアとクロノジェネシスに次ぐ3番人気に支持されたが、スタート一息で中団後方からの競馬を強いられた。勝負どころで鞍上のM.デムーロ騎手も積極的に押し上げていったが、勝ったエフフォーリアから0秒3差の4着に終わった。

 上がり3ハロン時計は、エフフォーリアと同じ35秒9で、これはメンバー最速。位置取り次第で3着はあったかという内容だった。

 このコースは昨秋の神戸新聞杯(G2)を制した舞台だが、その戦績からあくまでも理想は道悪だろう。ただ、良馬場でもパワーを要する冬場なら力強い走りに期待ができそうだ。朝日杯FS(G1)2着など、マイル戦でも活躍していただけに前走から距離が短くなるのもプラスに働くだろう。

 悲願のG1獲りへ向けて、今回のメンバーなら簡単に負けるわけにはいかない。

JRA【日経新春杯(G2)展望】実績断然ステラヴェローチェが中心!ライバルは「調教抜群」ヨーホーレイク、武豊と「初コンビ」フライライクバード!の画像2
ヨーホーレイク

 ヨーホーレイク(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)も、ステラヴェローチェと同じく2歳G1で好走した実績の持ち主だ(20年ホープフルS=3着)。

 3歳になって、きさらぎ賞(G3)で2着に敗れると、春のクラシックは皐月賞(G1)5着、日本ダービー(G1)7着と力を出しきれず。2度のステラヴェローチェとの直接対決は皐月賞で0秒1差だったが、ダービーでは0秒4差に広がった。

 ヨーホーレイクはその後順調さを欠き、神戸新聞杯(G2)を目の外傷で回避。さらに菊花賞(G1)も体調が整わず出走を見送り、これが実に7か月半ぶりの実戦となる。

 ただし、秋に無理をさせなかったことで状態は上向いているようだ。12月上旬に栗東に帰厩すると、CWコースを中心に好時計を連発。デビューから皐月賞まで5戦連続で上がり1位を記録していた自慢の末脚を発揮できる状態に近づいている。

 鞍上は、ダービーで初コンビを組んだ川田将雅騎手が引き続き騎乗する。重賞未勝利でハンデにも恵まれるだろう。体調さえ万全ならステラヴェローチェに土をつけるシーンがあっても驚けない。

JRA【日経新春杯(G2)展望】実績断然ステラヴェローチェが中心!ライバルは「調教抜群」ヨーホーレイク、武豊と「初コンビ」フライライクバード!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール