NEW

JRA【フェアリーS(G3)予想】C.ルメール&エリカヴィータは余裕の切り! シンザン記念「本線的中」予想が秘蔵の「穴馬」を狙い撃ちして高配当ゲット!

JRA【フェアリーS(G3)予想】C.ルメール&エリカヴィータは余裕の切り! 秘蔵の「穴馬」を狙い撃ちして高配当ゲット!の画像1

 今週は3連休ということもあり、競馬も3日連続開催となっている。普段なら土日で重賞2レースだが、今週は日曜日と祝日の月曜で1レースずつ開催。その月曜開催の重賞、フェアリーS(G3)を予想していく。

いつも通り、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみよう。
未勝利戦 9頭
新馬戦 7頭
赤松賞(1勝クラス) 4頭
阪神JF、黒松賞(1勝クラス) 各2頭
条件特別(1勝クラス) 5頭
アルテミスS 1頭
この時期の3歳重賞なら驚くことでもないのかも知れないが、意外にも未勝利戦からの重賞挑戦で馬券に絡んだ馬が最多、次いで新馬戦勝ち上がりの2戦目で重賞挑戦という馬が多い。特別戦を使わずとも重賞なので2着に入れば賞金の加算があり、春に向けて余裕ができる。それも狙ってのことなのだろう。

次いで人気順の成績が以下の通り。
1番人気 1-1-0-8
2番人気 1-0-1-8
3番人気 5-0-1-4
4~6番人気 0-3-5-22
7~9番人気 0-3-3-24
10番人気以下 3-3-0-64
ハンデ戦でも見たことがない偏り具合だ。1番人気、2番人気がとにかくアテにならない。率で見ても本当に人気していた馬なのか……という成績の悪さ。それに比べて3番人気は信頼できる数字だ。率にしても勝率・連対率50%、複勝率60%と非常に優秀。それ以下の人気にしても、率では劣るが数字だけ見ると魅力的。ちなみに近5年で3番人気が3連勝していることも注目しておきたい。

 これを踏まえて「◎」は3番スターズオンアースとする。

 前走は好走歴が多い赤松賞(1勝クラス)。逃げ馬がいいペースで逃げ粘ったところを好位から追い込むも届かず3着。このレースを勝ったのが阪神JF(G1)で1番人気も4着に敗れたナミュール。着差はそれなりについたが、良い物差しになるはずだ。

 この馬は切れる脚が身上で、新馬戦でも2着に敗れながら上がり32.6秒の鬼脚を繰り出している。メンバーを見渡すと前で競馬したい馬が多く、ハイペースから先行馬総崩れになれば出番になるだろう。

 鞍上の石橋脩騎手もこのレースの過去10年で2度連対し、人気薄でも馬券にしているので本馬も上手く持ってくることができるのではないか。シンザン記念(G3)と違い、開催が変更されていないので、過去データは活きてくるはずだ。

 続く「○」は1番エバーシャドネーを指名。

 前走の新馬戦で4番人気とそれほど高評価ではなかったが、先行粘り込みを図る馬をゴール前交わして勝利。このゴール前で交わした馬が、シンザン記念で中穴人気になりそうなマテンロウオリオンだ。

 マイル戦としての時計は平凡だが、前半3ハロン36.3秒と遅めに流れた分仕方ないところはある。むしろ、レースの上がり時計より速い脚できっちり差し切った能力を評価したいところだ。

「▲」は13番ヴァンルーラーを推す。

 前走はアルテミスS(G3)。人気もなかったが、レースでもなすすべなく9着と大敗している。ここを勝ったのが阪神JF(G1)を制したサークルオブライフなので、相手が強すぎたということだろう。

 新馬戦も3着に負けているが、これを勝ったのが阪神JFで人気になったステルナティーア。後にサウジアラビアRC(G3)で2着するなど、相応の実力は備えた馬だったので、これも相手が悪かったと言える。

 とは言え、どこからでも競馬できる上、切れる脚があるので展開に左右されずに差し切るだけの力はある。これまでは相手関係に恵まれなかった感があるが、重賞勝ち馬がおらず、ほとんどが新馬戦か未勝利戦勝ち上がりのこのメンバーなら好勝負可能なはずだ。

JRA【フェアリーS(G3)予想】C.ルメール&エリカヴィータは余裕の切り! シンザン記念「本線的中」予想が秘蔵の「穴馬」を狙い撃ちして高配当ゲット!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合