NEW

JRAファンの「苦情」が陣営に伝わった!? 血縁重視の“迷走”から苦渋の決断……コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変

【この記事のキーワード】, ,
JRAファンの「苦情」が陣営に伝わった!? 血縁重視の迷走から苦渋の決断……コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が戸崎圭太で一変の画像1
カラテ 撮影:Ruriko.I

 8日、中山競馬場で行われたニューイヤーS(L)は、菅原明良騎手のカラテが1番人気に応えて勝利。昨年2月の東京新聞杯(G3)以来となる通算6勝目を飾った。

「今日はフレッシュでとても良い状態でした。中山ではいつも早めに動かしていくのですが、今日はいつもより待って動いていきました」

 会心の勝利をレース後にそう振り返った菅原騎手だが、カラテはデビュー初の重賞勝ちをプレゼントしてくれたパートナー。次走に予定している東京新聞杯の連覇に大きく近づく勝利だった。

 その一方で、メンバー最速の切れ味で先行勢を飲み込んだ勝ち馬に対し、あと一歩のところで勝利の女神から見放されたのが、クビ差2着のグランデマーレ(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 ただ、敗れたとはいえ、今後に繋がる2着だったことは評価が可能である。

 近走は5戦連続マイル戦に使われているが、デビュー戦は芝1800m、2戦目にも芝2000mを連勝した。2戦無敗で挑んだ20年神戸新聞杯(G2)では、無敗の三冠馬コントレイルに次ぐ2番人気の支持を集めたほどの素質馬でもある。

「道中の感じが良く、リズム良く運べました。直線ではジリッぽくなりましたが、3着馬を交わしていますし、よく頑張っています」

JRAファンの「苦情」が陣営に伝わった!? 血縁重視の迷走から苦渋の決断……コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が戸崎圭太で一変の画像2
戸崎圭太騎手

 この好走は、今回初コンビとなった戸崎圭太騎手による好騎乗も大きかっただろう。

 なぜならグランデマーレの近2戦の敗戦は、騎手も厩舎も迷走に近いイメージが強かったからだ。

 同馬はデビューから7戦を藤岡佑介騎手がコンビを組んでいた。8戦目で初めて乗り替わったが、起用されたのは弟の藤岡康太騎手。グランデマーレを管理しているのが、父である藤岡健一調教師のため、トップジョッキーとはいえない息子二人に任せたのは、子の活躍を期待する親心もあったのだろう。

 だが、左回りが苦手の噂もあった馬を問題ないと使った新潟の関屋記念(G3)で5着。それも先行した馬が好走したレースで、藤岡佑騎手が道中で動かないまま後方に下げ、上がり最速の脚を駆使しながら脚を余す格好で敗れた。

JRAファンの「苦情」が陣営に伝わった!? 血縁重視の“迷走”から苦渋の決断……コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか