NEW

JRA「もっと前行け、ボケィ」逆神でさえ岩田康誠の“不可解騎乗”に怒り心頭! 完璧予想から「父ちゃん違い」の満点オチ

【この記事のキーワード】, ,
JRA「もっと前行け、ボケィ」逆神も岩田康誠の不可解騎乗に激怒! シンザン記念(G3)完璧予想から「父ちゃん違い」の満点オチの画像1
横山典弘騎手

 5日の東西金杯から開幕した中央競馬は、続く8日からも怒涛の3日間開催。中日となる9日には中京競馬場でシンザン記念(G3)が行われ、横山典弘騎手の4番人気マテンロウオリオンが、見事な勝利を飾った。

 なお、このレースには、C.ルメール騎手が騎乗したデビュー戦を圧勝した際、「新しいグランアレグリア」と絶賛したラスールも出走。単勝1.8倍の断然人気に支持されたものの、道中でスムーズさを欠いた影響もあり、7着と人気を裏切った。

 キタサンブラック産駒として、昨年の東京スポーツ杯2歳S(G2)を圧勝したイクイノックスとともに注目を集めていたラスール。大物候補の敗戦により、3歳牝馬路線はまだまだ混戦模様が続きそうだ。

 そして、このシンザン記念に注目していたのは、もはや競馬ファンから「逆神」として確固たる地位を築きつつあるあのお笑い芸人も例外ではなかった。思わぬ被害に遭ったのは、8日にYouTube チャンネルを更新した「霜降り明星」の粗品が扮する「生涯収支マイナス1億円君」だ。

 詳細については『粗品 Official Channel』をご覧いただきたいのだが、シンザン記念の予想をアップした動画内で、ほぼ完璧な予想を披露したにもかかわらず、なぜか馬券をハズしてしまった。

「ラスールが化け物じゃなかった場合、着外に沈む可能性もある」と、いきなり鋭い読みから始まった予想で、「ラスール以外で一番複勝圏内に入りそう」な馬として、ビーアストニッシドを本命に指名。スローになりやすいと考えて、「1枠1番の成績もいい」とデータ的な後押しも説明し、「内枠に以上に強い岩田の父ちゃん」「むしろこれだけで買っても良いまである」と自信満々に自身の見解を述べた。

 最終的な買い目として、最内の1枠1番ビーアストニッシドを軸に、2、3、6、7、8、9、10番相手の計7点を発表。ここまでは、ほぼ読み通りなら的中を約束されたようなものだったかもしれない。

 だが、現実はあまりにも惨い結末が用意されていたのだから、これもまた彼が「逆神」として有名になってしまった所以なのだろうか。

 実際のレースでは、ほぼ予想と同じ展開が繰り広げられ、化け物じゃなかった場合と危惧した大本命ラスールが馬群に沈んだ。

 にもかかわらず、前に行くと読んでいた肝心のビーアストニッシドが、まさかの後方待機策を選択するという“オチ”が待ち受けていたのだから“持っている人間”は違う。

JRA「もっと前行け、ボケィ」逆神も岩田康誠の不可解騎乗に激怒! シンザン記念(G3)完璧予想から「父ちゃん違い」の満点オチの画像2
岩田康誠騎手 撮影:Ruriko.I

 しかも、道中は行きたがる馬を岩田康誠騎手が引っ張り、喧嘩をするシーンもありながらも馬は大健闘。複勝圏内となる3着争いに敗れてハナ差の4着という、あまりにも残念な結果だった。

 もし、岩田康騎手が動画で期待した通りの騎乗をしてくれていたなら、おそらく勝ち負けも夢ではなかった内容に、ビーアストニッシドを推したファンも、粗品もさぞかし落胆したに違いない。

JRA「もっと前行け、ボケィ」逆神でさえ岩田康誠の“不可解騎乗”に怒り心頭! 完璧予想から「父ちゃん違い」の満点オチのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合