NEW

パチスロ「特化ゾーンに頼らずともAT継続」に期待…絶望的な状況も意外な結果に!?

パチスロ「特化ゾーンに頼らずともAT継続」に期待…絶望的な状況も意外な結果に!?の画像1

 昨年12月に登場した新台の中でも『パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 勇気の歌』の存在感は抜群だ。

 ホールを見ても稼働は上々。年末年始の影響も大きいのかもしれないが、他機種と比べても空き台となる頻度が少なかった印象である。

 SNSを見ても「ベースが低い」「吸い込み速度が早い」など批判的な意見もあるが、「CZが楽しい」「リーチ目がたまらない」など良台と評価するプレイヤーも少なくない。

 そんな本機の楽しさを体感すべくホールでチャレンジしてきたので、その様子をレポートしていきたい。

【注目記事】
さらばパチスロ5号機『押忍!番長3』…最後の実戦でプレミア演出が出現!?
パチンコ「一撃10万発」レベル続出のレジェンドCR機が撤去へ…爆裂タイトル初代が打てるのも残り僅か!!

 この日は年末年始ということもあり、ホール内は賑わっていた。特に本機はなかなか空き台とならず、実戦開始する時分には外が暗くなってしまったのである。有利区間3000Gというスパンは閉店取り残しなどが発生する可能性も否定できない。少し不安を覚えた。

 もちろん設定は期待できない。なぜなら年始であることに加え、途中で辞められている台なのだ。

 そんな不安に本機がどう応えてくれるのか。現状はCZを1回スルー、有利区間は627Gが経過しており、液晶ゲーム数は38Gで恐らく「一直線ゲーム」の様子を見てヤメたと考えられる。

 150G辺りに強いゾーンが存在するため、早めの当たりを願いレバーを叩いていくが願い虚しく連続演出をスルー。CZにありつけた頃には液晶で343Gとなっていた。

 実はこのCZが実戦の目的といっても過言ではない。評判によれば一番評価が高いポイントがCZ「GXバトル」なのだ。

 仲間5人がそれぞれ敵に攻撃を行い、その攻撃の威力は押し順の1stナビで異なる。上手く「奥義」や「抜剣」など威力の高い攻撃を繰り出せれば大ダメージ。最終的に敵の体力を0にすればATだ。

パチスロ「特化ゾーンに頼らずともAT継続」に期待…絶望的な状況も意外な結果に!?の画像2

 今回は残念ながら敵の体力は残り500というところで失敗。もしもどこかで少し歯車が噛み合えば撃破できたであろう状況である。この瞬間、年甲斐もなく悶絶してしまった。

パチスロ「特化ゾーンに頼らずともAT継続」に期待…絶望的な状況も意外な結果に!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合