NEW

JRA川田将雅「26連敗」の悪夢払拭で開幕ダッシュ成功! シルバーコレクターが「打倒ルメール」に負けられない戦い

【この記事のキーワード】, ,
JRA川田将雅「26連敗」の悪夢払拭で開幕ダッシュ成功! シルバーコレクターが「打倒ルメール」に負けられない戦いの画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 5日から開幕した2022年の中央競馬。10日で今年4日目の日程が終了。年が明け、ジョッキー達がまた新たな気持ちでレースに向かう中、川田将雅騎手が絶好のスタートを切った。

 昨年は、開幕してからなかなか勝てずに苦しんだ。ようやく初勝利を手にしたのは、開催から6日目となる1月17日。気がつけば26連敗という長いトンネルだった。

 しかし今年は、5日の中京5Rでチュウワダンスに騎乗し、初騎乗で初勝利を挙げる幸先のいいスタート。その後も順調に勝利を重ねた結果、3日間開催を終えた10日現在の全国リーディングジョッキーでは2位につける好調ぶり。

 トップこそ8勝のC.デムーロ騎手に譲ったものの、7勝を挙げて2位。勝率33.3%、連対率42.9%、複勝率は66.7%という数字は、リーディング上位の他ジョッキーと比べても、突出した好成績である。

 そして、この開幕ダッシュは、川田騎手の悲願達成を大きく後押ししてくれるかもしれない。

JRA川田将雅「26連敗」の悪夢払拭で開幕ダッシュ成功! シルバーコレクターが「打倒ルメール」に負けられない戦いの画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 過去、全国リーディングジョッキーは、2017年からC.ルメール騎手が5年連続で1位を獲得しており、ほぼ一強の状態が続いている。対する川田騎手は19年、20年、21年と3年連続で2位につけているものの、厚い壁に阻まれている現状。日本人騎手としてリーディング奪回を狙うシルバーコレクターとしては、そろそろルメール騎手の牙城を崩したいところだろう。

 19年の『JRA賞授賞式』では、「結果としてルメールさんに負けてしまいましたので、とても情けなく思っています」「今年こそは勝って、壇上のセンターに立ちたいなと思っています」とライバル心を出したコメントを残した川田騎手。トップに立つためにも、「打倒ルメール」は、最重要課題となるはずだ。

 そんな川田騎手にとって頼りになるのが、好成績をバックアップしてくれる中内田充正、矢作芳人、友道康夫など、昨年の全国リーディングトレーナートップ3に入った調教師たちの存在。昨年も彼らの騎乗依頼は、中内田師84回で30勝、友道師38回で15勝と多数。矢作師からもラヴズオンリーユーをはじめ、多くの人気馬を任された。

 また、YouTubeチャンネル『netkeibaTV[ネットケイバ]』の「矢作調教師×馳星周」対談動画の中で、川田騎手が矢作調教師にブリーダーズC(米G1)への思いを直接ぶつけ、ラヴズオンリーユーに騎乗させて欲しいと直談判したエピソードも語られていた。

 トップトレーナーからの信頼を勝ち取り、日本に留まらず、海外にも目を向けて結果を出し、トップジョッキーとして確固たる地位築いている川田騎手。ライバルのルメール 騎手は、18年に年間215勝を挙げ、それまで年間最多勝記録だった武豊騎手の212勝を更新した強敵である。

 眼前に立ちはだかる強力なライバルの壁を越えるためにも、スタートで躓かなかった今年は絶好のチャンス。日本人騎手としてリーディングを取るという自身の目標を達成するためにも、川田将雅の負けられない戦いはまだ始まったばかりだ。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRA川田将雅「26連敗」の悪夢払拭で開幕ダッシュ成功! シルバーコレクターが「打倒ルメール」に負けられない戦いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか