NEW

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の“脚質転換”が素質馬に直撃

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の脚質転換が素質馬に直撃の画像1
M.デムーロ騎手

 8日土曜から始まった新春恒例の3日間開催。最終日となった10日、中山競馬場では3歳牝馬限定重賞フェアリーS(G3)が行われた。

 中山芝1600mのフルゲート16頭で争われた一戦を制したのは、M.デムーロ騎手がコンビを組んだ5番人気ライラック(牝3、美浦・相沢郁厩舎)だ。

 スタートで出遅れたこともあり、一時は最後方からの追走となったが、外目を追い上げると最終コーナーで先行勢を射程圏に捉える。直線外から豪快な末脚を繰り出し、先に抜け出していた1番人気スターズオンアースをゴール前で差し切った。

 オルフェーヴル産駒ライラックは、M.デムーロ騎手がかつて主戦を任されたことのあるラッキーライラックに名前も血統も通じるところがある馬。陣営が、血統的に距離が延びても問題ないとコメントしたように、クラシックでも期待が出来そうだ。

 大舞台に強い名手が、不利を見事に跳ね返したのに対し、「鞍上弱化」の影響がモロに出てしまった感を拭えないのは、3着に入ったビジュノワール(牝3、美浦・中舘英二厩舎)かもしれない。

 出遅れをリカバーした勝ち馬とは逆に、こちらはまずまずのスタートを決めながら、鞍上の大野拓弥騎手が手綱を引っ張り通し。レース映像でも道中、何度も首を左右に振って荒ぶるシーンが映されていた。

 4コーナーの入り口でもスムーズさを欠いたまま、直線でもまだ10番手の後方。ようやく自由に走れるようになったタイミングで脚を伸ばし、フィールシンパシーとの3着争いをクビ差で制した。

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の脚質転換が素質馬に直撃の画像2
大野拓弥騎手 撮影:Ruriko.I

「少しゲートで引っ張る形になってしまいました。それでも直線で外に出してからはすごくいい脚を使ったので、これからが楽しみな馬だと思います」

 レース後のコメントでそう振り返った大野騎手だが、人馬がピタリと折り合うシーンは一度もなし。むしろ前進気勢の強い馬を制御することが出来ず、7番人気の伏兵で3着に入ったことすら不完全燃焼だったといえそうな内容だった。

「さすがにちょっとこれはどうかと思える騎乗でしたね……。実質直線しか競馬になっていないような内容でした。スタートから最後の直線までずっと引っ張り通しだったため、スタミナをかなりロスしたと思います。

ただ、これまでのマイナスがありながら、勝ち馬に次ぐ脚で伸びて来たことに驚かされます。スムーズなレースが出来ていれば、勝ち負け可能な能力があったと考えられます」(競馬記者)

JRA C.ルメール「乗りやすい馬」も中堅騎手だと引っ張り通し!? 鞍上弱化の“脚質転換”が素質馬に直撃のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直