NEW

JRA京成杯(G3)アライバルVSテンダンスの「カギ」は血統にあり!? 兄姉から見えてくるそれぞれの不安と強調材料

【この記事のキーワード】, ,
JRA京成杯(G3)アライバルVSテンダンスの「カギ」は血統にあり!? 兄姉から見えてくるそれぞれの不安と強調材料の画像1
和田竜二騎手

 16日、中山競馬場では京成杯(G3)が行われる。過去の勝ち馬の中には、2010年のダービー馬エイシンフラッシュなどもおり、クラシック戦線へ向けても目の離せない一戦となりそうだ。

 注目したいのは、前走の東京スポーツ杯2歳S(G2)で3着と好走したテンダンス(牡3、栗東・中竹和也厩舎)だ。今回も前走に引き続き、和田竜二騎手が手綱を取る。

 デビュー戦こそ同じく京成杯に出走予定のヴェールランスに敗れたものの、次走の未勝利戦では2着に4馬身差をつける圧勝で即座に勝ち上がりを決めた。

 重賞初挑戦となった前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、勝ち馬イクイノックスや2着のアサヒの決め手に屈したものの、4着以下を離した3着と好走した。破った相手には、朝日杯FS(G1)4着アルナシームやシンザン記念(G3)3着のレッドベルアームがいるだけにその価値は高い。

 管理する中竹調教師も当時、レース前の『東スポ競馬』のインタビュー動画で「間違いなくクラシックディスタンス」とコメントしたように、先々の大舞台を期待する存在だ。

 5日に行われた1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン51秒5-12秒2の好時計をマーク。陣営も「前走より具合を上げて臨める」と好感触だ。

 テンダンスといえば、17年の弥生賞(G2)など重賞を3勝したカデナの半弟としても知られている。兄カデナが、弥生賞をはじめ小回りコースの中距離重賞で好結果を残している点は心強いだろう。

 レースレコードで決着した17年の皐月賞(G1)では、着順こそ9着だったが後方からの競馬になりながらも勝ち馬アルアインから0.5秒差、20年の大阪杯(G1)では勝ち馬ラッキーライラックや2着のクロノジェネシスに0.2秒差と迫る4着と、その小回り適性はG1でも通用するレベルにあった。

 今回の京成杯も兄カデナが勝った弥生賞と同舞台なだけに、血統背景から見える適性面において、テンダンスにとっては大きなプラス材料に働く可能性はある。陣営も「1F延長もいい」「この時期の兄と比べても、いい体をしている」と、好材料は目白押し。

 一方人気を集めそうなアライバルは、一昨年のアルテミスS(G3)でソダシの2着や昨年のクイーンC(G3)でアカイトリノムスメの3着に好走したククナの半弟として有名だ。姉ククナは、戦績から見てもやはりマイル色が強く、昨年のシンザン記念でも牝馬ながら1番人気に推されたほどだ。

 アライバルにとっては、初の距離2000mや中山競馬場の小回りコースと課題も多い。前走の新潟2歳S(G3)で後の朝日杯FS2着馬セリフォスと好勝負を演じていただけに、その実力は折り紙付きだが、姉ククナと同じマイル適性の高さが今回は逆に仇となる可能性もある。

 デビューから一貫して中距離を使われているテンダンスとマイル戦しか経験のないアライバル。どちらに軍配があがるのか、楽しみな一戦となりそうだ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA京成杯(G3)アライバルVSテンダンスの「カギ」は血統にあり!? 兄姉から見えてくるそれぞれの不安と強調材料のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  4. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  5. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  10. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇