NEW

パチスロ「GOD揃い無効」など厳罰すぎるペナルティ…たった一度の過ちが巻き起こした悲劇とは!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「GOD揃い無効」など厳罰すぎるペナルティ…たった一度の過ちが巻き起こした悲劇とは!!の画像1

 間もなくホールから姿を消してしまうパチスロ5号機。高い出玉性能が大きな特徴ですが、それを実現させるための要素の一つとして「通常時の押し順」に制限が設けられていたマシンが多かったです。

 代表的な例を挙げるならば『ミリオンゴッド』シリーズでしょうか。同シリーズは初代から5号機にかけて第一停止ボタンが左でないとペナルティとなる仕様。これはベル役に相当する黄7が成立しにくいようにするためです。

 つまり通常時に小役を制限してコイン持ちを下げ、その分AT区間で爆発的に出玉を獲得できるようにしていたということ。諭吉がマッハでサンドに溶けていくのと大きく関係しています。

 通常時に変則押ししてしまった際のペナルティに関しては正確な情報が出ていませんが、ちょっと前までホールを盛り上げていた万枚製造機『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』は、数Gの間「確定役の抽選が無効」となるだけでなく、「天井G数の延長」も行われているとか…。

【注目記事】
パチスロ5号機「1/32768」の超プレミア役が炸裂!! 撤去前に快勝なるか…
パチスロ新台「6号機屈指のボーナスタイプ」その性能は現行機最強クラス!? 超シンプルなゲーム性が癖になる「王道シリーズ」最新作を実戦!!

 ここでいう確定役とは、冥王揃いや紫7揃い、GOD揃いといった引いた時点で激アツの恩恵を受けられるプレミアム役を指します。大量出玉の起爆剤ともいえるフラグが無効となるのは厳しすぎます。まさに鬼のような仕様ですね。

 ちなみに、この『ハーデス』で「ペナルティ中に確定役を引く」という衝撃の映像が収められている動画があります。

・『ピーとれ!♯12

 ネット界隈では、もはや伝説となっている本動画。でちゃう!編集部の髭原人が、『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』を実戦。通常時にうっかり中リールから止めてしまったのですが…そこから悲劇が始まりました。

 ペナルティ発動中にリールが変則始動。そこから全回転フリーズと同様のリール演出が発生したのです。その間の液晶演出は通常のままで何一つアクションはありません。非常にシュールな時間が流れておりました。

 髭原人の「やめてくれ!」という悲痛な叫びも虚しく、リールは紫7揃い→冥王揃い→と突破していき…最終的にはGOD揃いが炸裂したのです。「うわあああああ!」と天を仰ぐ姿を見て思わず笑ってしまいましたね。演者としてはこれ以上ないレベルの見せ場かもしれません(笑)。

 そんな他人の不幸を笑っている私ですが、実は過去にペナルティで泣かされたことがあります。まさかたった一度の過ちで、あそこまで悲惨な目に遭うとは…。

パチスロ「GOD揃い無効」など厳罰すぎるペナルティ…たった一度の過ちが巻き起こした悲劇とは!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合