NEW

JRAステラヴェローチェは「絶対的」存在なのか!? 日経新春杯(G2)大本命馬に忍び寄る「負」のスパイラル

JRAステラヴェローチェは「絶対的」存在なのか!? 日経新春杯(G2)大本命馬に忍び寄る「負」のスパイラルの画像1
ステラヴェローチェ 競馬つらつらより

 16日、中京競馬場で開催される日経新春杯(G2)は、今年の中距離戦線を占う重要な指標となるハンデ重賞だ。過去にはステイゴールドやルーラーシップ、近年ではミッキーロケットやグローリーヴェイズなどが、このレースをステップに後のG1馬へと駆け上がっていった。

 そして今年、断然の人気を集める存在となるのが、ステラヴェローチェ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 同馬は、ハイレベルと評される世代のクラシックすべてに出走し、皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)3着、菊花賞(G1)4着。エフフォーリア、シャフリヤール、タイトルホルダー相手にトップクラスの力を証明した。

 そういった経緯もあってか、12日現在の『netkeiba.com』における単勝予想オッズは、1倍台という圧倒的1番人気の評価。2位のヨーホーレイクが5倍台でもあり、少なくともオッズ的には一強状態となっている。

 その一方、堅実な走りを披露しながら、いずれも戴冠まで届かなかったように、もうワンパンチの成長を求められている。本当に完成するのは翌年と評した陣営のコメントから、今年こそ一皮剥けた姿を見せてくれるかもしれない。

 ただ、表向きこそ成長途上としつつも、陣営の選択は少々結果を急ぎ過ぎているようにも映る。

JRAステラヴェローチェは「絶対的」存在なのか!? 日経新春杯(G2)大本命馬に忍び寄る「負」のスパイラルの画像2
M.デムーロ騎手

 元JRA騎手の藤田伸二氏が「気にくわん」と触れた乗り替わりにも、触れなければならないだろう。藤田氏の不満の矛先となったのは、有馬記念(G1)でのM.デムーロ騎手への乗り替わりだが、ステラヴェローチェ陣営による乗り替わりは、すでに皐月賞前にもあった。

 このときは、3戦続けてコンビを組んだ横山典弘騎手から吉田隼人騎手。そして、以降の4戦で手綱を任された吉田隼騎手からデムーロ騎手への乗り替わり。いずれも敗れたレースの次走というタイミングだけに、おそらく降板させられたというのが妥当な見方か。

 藤田氏がTwitterで「調教師が決めたならガッカリだな、騎手経験者なのに」と噛みついた相手は、ステラヴェローチェを管理する須貝師。今や多くのG1を制している名伯楽も騎手時代は、G3を4勝と地味な存在だった。

 G1・17勝を挙げた名手に比べてかなりの開きがある相手。それだけに自分以上に乗り替わりの辛さを知っているはずの相手が、見方によってはドライな采配をすることに戸惑いを隠せなかったようだ。

 しかし、騎手が乗り替わってもステラヴェローチェが、G1をいまだに勝てていないことも事実。結果的に「非情宣告」に劇的な効果があったとも言い切れない。

「これまでのG1を振り返ると、乗り方云々で勝てたといえそうなレースもこれといって見当たりません。強いて挙げるなら朝日杯FSが惜しかったくらいでしょうか。どうも自分から勝ちに行く競馬だと詰めも甘くなり、後ろから行くスタイルも展開に左右されやすいという弱点があります。

今回はさすがにメンバーが大幅に弱化するため、尚更負けられない立場で挑むことになりますが、こういうときに得てして取りこぼしてしまうケースは珍しくありません。中京開催のため、昨年制した神戸新聞杯(G2)と同じ芝2200mなのは歓迎ですが、当時は不良馬場でした。安易に信頼してしまうには怖いですね」(競馬記者)

JRAステラヴェローチェは「絶対的」存在なのか!? 日経新春杯(G2)大本命馬に忍び寄る「負」のスパイラルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待