NEW

JRA「ルメールより上」ノーザンファーム関係者も大絶賛! 「規制頼み」の日本人騎手相手にC.デムーロが残した大きな爪痕

JRA「ルメールより上」ノーザンファーム関係者も大絶賛! 「規制頼み」の日本人騎手相手にC.デムーロが残した大きな爪痕の画像1
C.ルメール騎手

 10日、中山及び中京競馬場のウイナーズサークルにて行われた「2021年度厩舎関係者表彰」。優秀騎手賞を受賞したのは、昨年199勝を挙げてリーディングジョッキーに輝いたC.ルメール騎手だった。

「去年は僕にとって良い年でした。G1を5勝することができて嬉しく思います。そして5年連続でリーディングジョッキーも取ることができて、本当に嬉しいです。今年も競馬を楽しみにしています。競馬関係者とファンに感謝したいです」

 そう喜びのコメントを残した帝王は、136勝で2位の川田将雅騎手に66勝もの大差をつける独走。この数字は、リーディング15位だった田辺裕信騎手の勝利数と同じなのだから、ルメール騎手がいかに圧倒的な存在だったかを物語っている。

 ただ、そんなルメール騎手でも、この男の存在だけは警戒すべきだろう。

JRA「ルメールより上」ノーザンファーム関係者も大絶賛! 「規制頼み」の日本人騎手相手にC.デムーロが残した大きな爪痕の画像2
C.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 それは、M.デムーロ騎手の弟であるC.デムーロ騎手だ。昨年のジャパンC(G1)が開催された11月28日から騎乗した世界的名手は、短期免許で来日した日本の競馬で「格の違い」を見せ続けた。

 今月10日の騎乗を最後に帰国したが、約一カ月半程度の短い期間ながら、積み重ねた勝利は26勝。これは同じ期間から計算するとルメール騎手の22勝をも凌ぐ。

「完全に関西主場の中心にいましたね。連対率も5割近い数字で、どのレースでもクリスチャンを軸にするか、切るかがメインになっていました。基本的に位置を取りに行くスタイルで、4コーナーを回る時は大抵先行集団、もしくはほぼ先頭くらいの感じで非常に安心感がありました。

アクションもダイナミックでいかにも馬を動かしているという印象を与えるので、関係者からの評価も当然ながら高かったです。ノーザンファームしがらきの松本場長は、大のお気に入りで『クリスチャンはクリストフより上手だよ!有力馬は全部彼に任せれば大丈夫』と全幅の信頼を置いていたみたいです」(栗東のTM)

■デムーロ騎手とルメール騎手の成績
C.デムーロ 26.20.8.48/102 勝率25.5%、連対率45.1%、複勝率52.9%
C.ルメール 22.13.5.51/91 勝率24.2%、連対率38.5%、複勝率44.0%
※集計は昨年11月28日 から今年 1月10日までの期間

 関西圏のライバルとなる福永祐一騎手が骨折で離脱、川田将雅騎手が香港遠征の隔離期間で乗れなかった期間も含まれているとはいえ、ルメール一強状態に一石を投じるだけの結果といえる。

「ルメール人気」が多少あったとしても、勝率、連対率、複勝率すべてで上回り、単勝回収率、平均人気、平均着順などでもライバルを上回っているのだ。福永騎手や川田騎手が、仮に同じ馬に騎乗したとして、これまでルメール騎手に勝てなかった彼らに同程度の数字が残せたかとなると疑問である。

 ただ、大きな爪痕を残した“黒船”がいなくなったことに安堵しているのは、関西のトップジョッキーたちよりも、“被害”に遭いやすい中堅や若手の騎手たちだ。

JRA「ルメールより上」ノーザンファーム関係者も大絶賛! 「規制頼み」の日本人騎手相手にC.デムーロが残した大きな爪痕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか