NEW

JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 11日に発表された、2021年度のJRA賞。

 年度代表馬のタイトルは、年間G1・3勝を挙げたエフフォーリアが獲得した。管理する鹿戸雄一調教師は、「光栄に思います。オーナーはじめ、牧場関係者、騎手、厩舎スタッフ、またファンの皆さまのおかげだと思います」と、感謝の意を述べた。

 そんな鹿戸厩舎が16日、中山競馬場で開催される京成杯(G3)に、今年のクラシック期待馬を送り出す。20年のアルゼンチン共和国杯(G2)で3着に入ったサンアップルトンの半弟、サンストックトン(牡3歳、美浦、鹿戸雄一厩舎)だ。

 父がゼンノロブロイからワールドエースに替わった同馬は、昨年8月の札幌の新馬戦で2着。続く中山芝2000mの未勝利戦でも同じく2着と惜敗したが、同日に行われた2歳戦の芙蓉S(OP)よりもタイムが速かったことで評価が急上昇した。そして、3戦目の前走で順当に未勝利を突破した。

 その前走は熱発明けだったため、状態もまだ6、7分だったようだ。それゆえ、順調に調整が進んでいる今回は仕上がっていると見てよさそう。最終追い切りはウッドで僚馬に遅れたが、鹿戸師は「全体的に悪くない。体調もよく元気いっぱい」と『サンケイスポーツ』の取材に答えており、依然として期待値は高い。

JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?の画像2
松岡正海騎手

 なお、過去3戦で手綱を取った横山武史騎手が騎乗停止のため、今回は松岡正海騎手と新タッグを結成する。

 同騎手は、20年2月の落馬で左大腿骨を骨折。同年秋に戦列に一時復帰し、ウインブライトと共に香港C(G1)で2着に入るなどの活躍を見せた後に、再度の手術・休養を経て、昨年11月に再びカムバックを果たした。京成杯は過去に2勝を挙げており、相性の良いレースといえる。

 07年には、サンストックトンを所有する加藤ステーブルの個人名義・加藤信之氏の所有馬であるサンツェッペリンで優勝。その後、人馬は次走スプリングS(G2)8着を挟んで、大一番の皐月賞(G1)に出走した。

 レースでは積極果敢に先行すると、3コーナー過ぎからは勝ったヴィクトリーとのマッチレースに。最後の直線で一度は先頭に立ったように見えるシーンもあったが、最後は僅かにハナ差及ばずの2着。それでも単勝オッズ100倍を超える人気薄での激走により、3連単162万円決着の立役者となった。

 だがレース後、松岡騎手は好騎乗以外の理由で不覚にも話題を集めてしまうことになる。

JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇