NEW

パチスロ5号機ミラクルボーナスはMAX「600枚」超…3号機の期待値方式をリメイクした疑似ボーナスマシンを振り返る 

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ5号機ミラクルボーナスはMAX「600枚」超…3号機の期待値方式をリメイクした疑似ボーナスマシンを振り返る の画像1

 1.5号機時代から3号機時代まで、大半のパチスロはビッグボーナスの獲得枚数が「360枚前後」に内部で調整される「純増方式」を採用していた。そんな中で尚球社の3-1号機『ミラクル』は、後の4号機で義務付けられる「期待値方式」を初搭載。ビッグのたびに獲得枚数が平均377.7枚~平均605.0枚と5段階に変動する様に、ファンは興奮したものだった。

 1月末日に撤去を余儀なくされるエレコの『ミラクル』は、そんな名機のボーナスシステムを5号機のカテゴリーで再現したマシン。ボーナスは先代と同じく5段階に分けられており、最上位のボーナスならば一撃で600枚以上の出玉を得られるのである。

 そのボーナスは1Gあたり約3.0枚の増加が見込める疑似ボーナスで、表面上はREGとビッグの2種類。REGは50枚以上の獲得が可能で、消化中はビッグへの昇格抽選が行われる。

 一方のビッグは内部的にビッグ・スーパービッグ・ハイパービッグ・ミラクルビッグの4種類があり、それぞれ150枚以上、250枚以上、400枚以上、600枚以上の純増。ビッグ開始時にはいずれかに振り分けられ、消化中はチャンス役成立で昇格に期待できる仕組みだ。

【注目記事】
パチンコ新台「初回3000発・右ALL1500発」の激熱ライトミドルを発表! スペックにこだわるパチスロ発メーカー
パチンコ新台「軽く12万発」に驚愕…2022年の覇者となるか!?

 ボーナス中は各種演出で昇格期待度が示唆され、ナビ対応役以外の小役成立、ハニワ演出でハニワが転ぶ、演出なしリンゴ揃い、ボーナス終了時のドットに「ADD」「AND」「BNS」出現…などといったパターンは昇格濃厚。ボーナス中に「わっしょいわっしょい」の歌BGMが流れた場合は、その時点でミラクルビッグ、即ち600枚以上の獲得が濃厚となる。

 肝心のボーナス当選契機は毎ゲームの抽選で、滞在モードと成立役を参照して当否をジャッジ。モードは全8種類となる。

 モード移行抽選は通常ゲーム消化中及びボーナス前兆中に行われ、通常A→通常B→チャンス→天国と段階を踏んでアップするのが基本。天国モード昇格後は前兆中に天国Aから天国B、天国Bから天国C、Cから天国ショートorロングへとボーナス当選ごとに1段階ずつ高確率で移行することから、天国A移行=実質3回のボーナスが確定することとなる。

 滞在モードも各種演出から推測でき、ハニワ演出でハニワが剣を落とす、ハニワ演出からルーレットに発展→同時回転でハズレなどは天国濃厚。リーチ目停止or中段チェリー成立→5G以内にボーナスが告知されない、リールロックでリプレイ入賞→5G以内にボーナスが告知されない…といったパターンは天国滞在の合図となる。

 設定推測要素はボーナス出現率、リーチ目役出現率、REGからのビッグ昇格率など。天井は通常時999Gハマリで、到達後は例外なくボーナスに当選する。

パチスロ5号機ミラクルボーナスはMAX「600枚」超…3号機の期待値方式をリメイクした疑似ボーナスマシンを振り返る のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合