NEW

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた“絶好調男”と“絶不調男“。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?

【この記事のキーワード】, ,
JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた絶好調男と絶不調男。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?の画像1
横山武史騎手

 2022年のJRAが幕を開け、お馴染みの金杯と3日間開催が終了した。1月の中山開催も残り2週となったわけだが、昨年であれば川田将雅騎手の26戦連続未勝利(1番人気で10連敗を含む)という不本意な結果も記憶に新しいだろう。

 今年も当然のことながら絶好調騎手と絶不調騎手が存在しており、ファンの馬券作戦に大きく影響している。

今回はそんな絶好調騎手と絶不調騎手をまとめたので、紹介しよう。


【関東・絶好調騎手】

横山武史
 関東で“横山”の姓を持つ4人の騎手、つまり「関東横山カルテット」が絶好調。その大将格は、昨年のJRA年度代表馬に輝いたエフフォーリアの主戦騎手であり、年間100勝を達成した横山武史騎手だ。今最も勢いに乗っていると言っても過言ではないが、年明けはさらに勢いを増している。開催4日間で5勝を挙げており、さらに勝率18.5%・連対率33.3%も昨年の13.3%・24.7%を超える好成績。今週は騎乗停止で騎乗できないが、復帰後の爆発は間違いなさそうで、ぜひ覚えておいてほしい。

横山和生
 2020年30勝→2021年79勝と大ブレイク。関東だけでなく関西の厩舎からも信頼が厚く、多くの騎乗依頼が届くのが特徴。現在4勝で関東2位、今週は小倉遠征で有力馬を多数集めており、横山武騎手を逆転して暫定1位も視野に入る。

横山典弘
 上記2人の父である横山典弘騎手も好調だ。2020年は重賞7勝、63勝と好成績だったが、2021年は重賞未勝利で26勝と大幅ダウン。しかし今年はいきなりシンザン記念(G3)をマテンロウオリオンで勝利するなど2勝。年間50勝ペースは昨年の約2倍。今週は日経新春杯(G2)にクラヴェルで参戦するが、勢いに乗った横山典騎手を馬券から外すのは愚策、当然注意が必要だろう。

横山琉人
 関東横山カルテット4人目の伏兵。横山典騎手の家族と勘違いするファンもいそうだが、父はかつて中山大障害(G1)などを勝利した横山義行騎手。つまり横山典騎手たちと血縁関係はない。しかし、その勢いは本物だ。昨年デビューし9勝にとどまったが、今年はすでに3勝。なお馬券に絡んだのは3歳の平場戦だけで、さらに勝利したのは1200m戦のみ。しかも逃げ先行馬に騎乗した時に結果を出しているので、減量の恩恵をうまく活かしているようだ。狙いはずばり「3歳戦・平場戦・逃げ先行馬に騎乗」この3つが揃ったレースである。

石川裕紀人
 昨年は年間30勝と前年の2倍を勝利し、今年も3勝と好スタート。このままであれば年間70勝を超えるペースだ。特筆すべきは騎乗馬の質。今年15回の騎乗はすべて4番人気以下で、5番人気で1勝、6番人気で2勝なのだから恐れ入る。そして、その3勝はすべて1200m戦なのは覚えておくべき。愛知杯(G3)ではデビュー以来手綱を握り続けているスライリーに騎乗するが、秋華賞(G1)5着の実績からも侮れない存在だ。


【関東・絶不調騎手】

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた絶好調男と絶不調男。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?の画像2
津村明秀騎手

津村明秀
 昨年は前年から10勝多い41勝を挙げたが、今年はここまで23回騎乗して2着も無い。1~3番人気に4度騎乗して2度の3着が最高着順というのも厳しい現実だ。若手の飛躍が目立っており、その割を食ったかもしれない。今週は土曜が中京、日曜が小倉と大忙し。特に2019年以来となる小倉遠征を決めたのも危機感の表れといえそう。

藤田菜七子
 関東唯一の女性騎手である藤田菜七子騎手も厳しい状況にある。昨年は怪我もあってデビュー2年目と同じ14勝、一昨年の35勝から大幅にダウンした。昨年8月15日の勝利を最後に110連敗中と苦戦続き。今週は1年ぶりの小倉遠征で9レースの騎乗となるが、ハイレベルな関西所属騎手が相手では厳しいレースが続きそうだ。

永野猛蔵
 デビュー1年目の昨年は29勝と結果を出したが、この4日間は15度の騎乗で未勝利と結果を出せなかった。それでも今週は土曜の中山で全12レースに騎乗、日曜も7レースに騎乗と関係者の期待は高い。しかしここまで1~3番人気に3度騎乗して未勝利なのは痛く、残念ながら昨年の勢いはない。人気なら思い切って消しもありか。

秋山稔樹
 デビュー1年目は17勝、そして2年目の昨年は42勝と大きく飛躍した秋山稔樹騎手も今年はスタートでつまずいている。昨年42勝中5番人気以下の勝利が14勝と多かったが、今年は人気薄馬でもサッパリ。昨年の3日間開催までの4日間は合計23レースの騎乗依頼があったが、今年は12レースのみ。これは昨年1月で3kgだった減量が、今年は1kgに減った影響といえそう。今週は小倉遠征に活路を見い出し、東西の厩舎から8頭の騎乗馬が飛び込んできた。小倉は昨年4勝を挙げているが、今のリズムで結果が出せるか勝負所だ。

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた“絶好調男”と“絶不調男“。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠