NEW

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた“絶好調男”と“絶不調男“。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?

【この記事のキーワード】, ,

【関西・絶好調騎手】

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた絶好調男と絶不調男。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?の画像3
川田将雅騎手

川田将雅
 昨年は開幕から26戦連続未勝利だったが、今年はロケットスタートに成功。7勝は東西合わせて1位で、勝率33.3%・連対率42.9%は昨年の28.5%・41.4%を上回る高数値。ただし1番人気で勝率60%・連対率70%を記録する一方、1番人気以外では11戦1勝2着1回のみと低迷。1番人気以外では評価を下げるのが正解だ。愛知杯のデゼル、日経新春杯のヨーホーレイクは危険な人気馬といえるだろう。

M.デムーロ
 今年はフェアリーS(G3)をライラックで勝利するなど4勝と好スタート。2018年以来となる年間100勝も計算できる。1番人気から5番人気までまんべんなく勝利し、距離も不問と頼もしい。ライバルのC.ルメール騎手や武豊騎手が不調、そして福永祐一騎手が怪我で不在というのも大きい。日経新春杯のステラヴェローチェは負けられないレースになりそうだ。

坂井瑠星
 昨年、過去最高の53勝を記録し、今年も3勝と好スタートを切った。4度の騎乗ながらも1~4番人気ですべて馬券圏内に好走している安定度も光る。愛知杯のマリアエレーナ、日経新春杯のショウナンバルディはともに伏兵的存在だが、坂井瑠星騎手のJRA重賞8勝はすべて4番人気以下。ここも侮れない存在といえそうだ。

藤岡佑介
 今年3勝を挙げたが騎乗数は9回なので、勝率は川田騎手と同じ33.3%とハイレベル。しかも勝利はすべてダート戦で、ダートに限定すれば勝率・連対率ともに50%と高数値。しかも1~2番人気の騎乗なら、勝率は100%に達する。ただし今週も騎乗数は6鞍と少なめで、ダートの騎乗馬が1~2番人気になるかは微妙なところ。また京成杯(G3)にヴェールランスで参戦するが、先週のフェアリーSで騎乗したエバーシャドネーがサッパリだったことは気になるところだ。

斎藤新
 キャリア4年目の斎藤新騎手も飛躍が見込めそう。今年2勝のうち1勝はレッドガランで勝利した中山金杯(G3)。ただ、今年関西で騎乗したのはすべて4番人気以下。今週以降はC.デムーロ騎手の帰国で質の高い騎乗馬が取り合いになると思われるので、今後の鍵となりそうだ。


【関西・絶不調騎手】

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた絶好調男と絶不調男。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?の画像4
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

C.ルメール
 例年通り、年末年始休暇を取ったルメール騎手だが、2勝は挙げたものの1~3番人気で9回騎乗して1勝2着1回は関係者的には不満だろう。フェアリーSで騎乗したエリカヴィータが大きな不利を受けるなど、ツキがないのも気がかり。愛知杯のマジックキャッスル、京成杯のアライバルはともに実力馬だが、過信は禁物だ。

武豊
 存在はレジェンド級だが話題にならない。昨年は75勝を記録したが、今年はまだ1勝で年間25勝ペース。ただし1~3番人気では6度騎乗して5度馬券圏内に好走しており、騎乗馬の質が大きく影響していると思われる。シンプルに上位人気なら抑え、4番人気以下なら消しがセオリーか。愛知杯のルビーカサブランカ、日経新春杯のフライライクバードはボーダーラインといったところ。連軸には推奨できないが、相手候補に一考したい。

浜中俊
 昨年42勝の浜中俊騎手は、今年まだ未勝利。騎乗数も9回と少なく、先週まで短期免許で滞在していたC.デムーロ騎手の影響が大きかったと思われる。実際先週までの騎乗馬は半分以上が8番人気以下で1~3番人気はゼロだった。今週は地元九州の小倉で騎乗。得意のコースであり、今週だけで過去4日と同じ9鞍の騎乗馬を確保、騎乗馬の質も上がっている。本人も巻き返しに力が入るだろうが、勝利のリズムを取り戻すには時間がかかるかもしれない。

池添謙一
 こちらもC.デムーロ騎手の影響が大きかったと想定される一人。先週まで17回の騎乗があったがすべて4着以下と散々な成績。ただし浜中騎手同様に騎乗馬の質が低く、17頭中16頭が7番人気以下だったのでやむを得ないところもあったか。ただし人気以上の着順も4回のみと少なく、リズムを取り戻すのはもう少し先かも。愛知杯のラルナブリラーレ、日経新春杯のトラストケンシンも苦戦は必至か。

 以上、現時点での“絶好調騎手”と“絶不調騎手“をまとめた。

 他にも関西勢は団野大成、藤岡康太、泉谷楓真、松若風馬、亀田温心騎手らが低調な成績だったが、これらは先週まで滞在していたC.デムーロ騎手が、36回の騎乗で8勝2着10回(連対率50%)と多くの有力馬を集めた影響が出ている。

 トップジョッキーは有力馬をC.デムーロ騎手に奪われ、中堅騎手はトップジョッキーに実力馬を奪われるという、まさに「C.デムーロ旋風」だったのだ。そういった意味では彼が帰国して不在の今週が本当の開幕といえるかもしれない。

 いずれにせよ、まだ2022年のJRAは始まったばかり。今後春のクラシックやG1シーズンに向けて、どの騎手が頭角を現すのか注目したい。

(文=仙谷コウタ)

<著者プロフィール>
初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

JRA京成杯・日経新春杯・愛知杯へ必見! 2022年・開幕で分かれた“絶好調男”と“絶不調男“。「関東横山カルテット」と「関西C.デムーロ旋風」の影響とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか