NEW

JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞V

【この記事のキーワード】, , ,
JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞Vの画像1
ワグネリアン

 2022年早々、競馬界にショッキングなニュースが飛び込んだ。2018年の日本ダービー(G1)で、福永祐一騎手に悲願のダービー制覇をもたらしたワグネリアンが、現役中にもかかわらず7歳という若さで病死した。

 ネット上の掲示板でも「若すぎる」「信じられない」「子供が見たかった」など追悼の言葉が数多く寄せられている。それだけ愛されていたダービー馬の急死は、あまりにも衝撃的だった。突然の出来事に、オーナーである金子真人氏も悲痛な想いだったに違いない。

 15日に中京競馬場で行われる愛知杯(G3)で重賞初挑戦となるルビーカサブランカ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)は金子オーナーの所有馬だ。今回も前走に引き続き武豊騎手が手綱を取る。

JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞Vの画像2
武豊騎手

 金子オーナーと武騎手と言えば、ディープインパクトを生み出した「伝説コンビ」だが、意外にも2011年のレパードS(G3)をボレアスで勝って以降、10年も重賞勝利から遠ざかっている。ワグネリアンの一件があってから初めての重賞となる金子オーナーへ向けて、武騎手も思うところがあるはずだ。

 ルビーカサブランカは、父キングカメハメハと母ムードインディゴの間に生まれた良血馬で、両親ともに現役時から金子オーナーが所有していた“金子ブランド”だ。兄に阪神大賞典(G2)など重賞を3勝しているユーキャンスマイルがいて、血統背景からも重賞で通用していい器だろう。

 この馬の強みは、どんな相手でも崩れない安定感だ。ここまで19戦消化して4勝と勝ち味に遅い印象は拭えないが、なんとそのうち18戦が5着以内。つまり掲示板内率は94.7%と驚異的な数字を残している。

 今回と同じ中京競馬場での成績は「1-1-1-1」と相性も良い。さらに前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりという事もあり、ハンデ52キロで出走できる点も魅力的だ。現在『netkeiba.com』の予想オッズでは8番人気と伏兵扱いとなっているが、決して侮れない存在だ。

 昨年、愛知杯と同舞台で行われたシドニーT(3勝クラス)では3着に敗れたが、後のエリザベス女王杯(G1)の1着馬アカイイト、3着馬クラヴェル、4着馬ソフトフルートらと大激戦を演じており、能力では決して引けを取らない。

 直前の追い切りでは、栗東CWで6ハロン84.6秒-11秒2とラストはキレのある動きを披露。併せたサトノアヴァロン(3歳未勝利)にクビ差先着した。管理する須貝調教師も「いい動き」と納得の仕上がりだ。

 人気の中心になりそうな昨年の秋華賞(G1)3着馬アンドヴァラナウトは、デビューから全レースに騎乗していた福永騎手が落馬負傷による戦線離脱中で、今回は初騎乗となる松山弘平騎手に乗り替わる。実績は十分だが、付け入る隙はありそうだ。

 ルビーカサブランカの手の内を知っている武騎手の下剋上に期待したい。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞Vのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  9. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊
  10. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡