NEW

SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?

【この記事のキーワード】, ,
SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?の画像1
M.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 年が明け、今月11日にM.デムーロ騎手が43回目の誕生日を迎えた。

 そんな特別の日を祝うかのように同日、デムーロ騎手と東京大賞典(G1)を4連覇したオメガパフューム(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)が引退から急遽、現役を続行すると発表。

 2021年が後厄となり、昨年で厄年が終わったイタリア人騎手は、年明け早々に相棒の復活という最高の誕生日プレゼントを受け取った。

 日本に拠点を移し8年目となるデムーロ騎手だが、最近はインスタグラムがファンの間で話題になっている。

 デムーロ騎手が重賞で勝利したときに、ファンがインスタグラムでデムーロ騎手のアカウントをタグ付けし、メッセージなどをつけて投稿。デムーロ騎手はその投稿をリポストし、インスタグラムにたくさんのストーリーを投稿している。

 最近でも昨年の阪神JF(G1)、東京大賞典、そして先週のフェアリーS(G3)などを勝利した際、デムーロ騎手は一日中インスタグラムのストーリーを投稿。

 それを見たファンからはTwitter上で「デムーロのインスタあまりにも可愛すぎるだろ、ほんとに嬉しかったんだな」「競馬見なくてもインスタみたらデムーロが重賞勝ったことがすぐわかる」などのコメントが。中にはあまりにも多い投稿から「デムーロのインスタを見るのを諦めた」というコメントまであった。

 またインスタグラムの投稿に、デムーロ騎手から直接「いいね!」をもらい喜ぶファンも。1月1日には「明けましておめでとうございます」という挨拶とともに、ファンの間で賛否を呼んだ「飛行機ポーズ」をした自身を投稿するなど、まるで若者のようにSNSを活用している。

 2015年にC.ルメール騎手とともに外国人として初めてのJRA通年免許を取得したデムーロ騎手。

 リーディングこそ獲得していないが、2015年から3位、4位、3位、2位と常にトップにランクインし、G1でも多くの勝利を積み重ねてきた。

 しかし2019年から、それまで4年連続で100勝を超えていた年間勝利数も91勝、65勝、75勝と成績を落とし、エージェント変更、拠点を美浦に移すなど、様々な試行錯誤を行ってきた。

 そして昨年10月、JRA重賞通算100勝を達成。12月には2週連続重賞を勝利し、G1でも結果を出すなど調子を上げてきている。年明けも早々に重賞で勝利を挙げ、昨年は1月終了時点で4勝だったが、今年は10日時点で4勝。リーディングでも5位につけている。

 厄年も終わり、2022年に良いスタートが切れているデムーロ騎手。今年は多くの重賞で勝利を「挙げ」、インスタグラムのストーリーにたくさんの投稿を「挙げ」てほしい。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

SNSだけでなく、成績もバスらせたい!? 厄年を終え43歳になったM.デムーロ騎手。調子を確認するには、データよりもインスタグラム?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか