NEW

JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とは

JRA日経新春杯(G2)大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とはの画像1

 今回は伝統の古馬ハンデ重賞、日経新春杯(G2)を予想していく。

 先週はシンザン記念(G3)が○→◎→△で的中。今年最初の的中を早めに出せて何よりだった。ラスールは予想通り着外に敗退。やはり新馬勝ちからの休養明けで重賞を勝ち負けするのは、この時期の3歳馬には容易なことではない。

 フェアリーS(G3)は1着2着は予想通りも、3着にノーマークの馬が来てハズレ。もっとも、この3着馬も新馬勝ちからの重賞挑戦で、内容も決して悪いものではなかった。内容的には似たようなものだったので押さえるべきだったか。

 さて、予想に戻ろう。

いつものように、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データが以下の通り。
オリオンS(3勝クラス) 4頭
菊花賞、金鯱賞、グレイトフルS(3勝クラス) 各3頭
中日新聞杯、愛知杯 各2頭
有馬記念、日本ダービー、アルゼンチン共和国杯、札幌記念、ステイヤーズS 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 2頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
条件特別(2勝クラス) 3頭
となっている。傾向らしい傾向はないが、3勝クラスからの重賞挑戦で馬券に絡んでいる馬が多いか。金鯱賞(G2)や愛知杯(G3)は施行条件が変わっているので、度外視していいだろう。G2戦だけに前走G1の馬は注目しておきたい。

続いて人気順の成績が以下になる。
1番人気 4-3-0-3
2番人気 3-1-0-6
3番人気 0-1-1-8
4~6番人気 1-3-5-21
7~9番人気 1-0-3-26
10番人気以下 1-2-1-52
となっている。目黒記念(G2)やアルゼンチン共和国杯(G2)でも似たような傾向があるが、伝統あるハンデ戦に限って1番人気と2番人気が意外に信用できる数字を残している。アテにできないのは3番人気で、近5年に絞っても3着が1度あるだけ。逆に1番人気が3勝しているなど優位が目立つ。

 ただし、これは京都2400mという本来の条件で行われていた成績。昨年と今年は中京2200mと施行条件がかなり異なる。昨年は人気馬がすべて飛んで3連単96万馬券が飛び出しているなど、なかなか参考にしづらいところはある。

JRA日経新春杯(G2)大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とはの画像2
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえての「◎」は4番ステラヴェローチェとする。

 前走はエフフォーリアが完勝した有馬記念(G1)。3番人気と人気になったが、中団から伸びきれず僅差の4着に終わった。

 クラシック皆勤の上、3着、3着、4着と堅実に走ってきた実力は本物だろう。さらに不良馬場ではあったが、今回と同条件の神戸新聞杯(G2)でダービー馬シャフリヤールを完封して勝った実績もやはり見逃すわけにはいくまい。

 コースに得手不得手はあまりなさそうではあるが、左回りの方が多少成績が良い。そういう意味でも今回の中京2200mという舞台はもってこいだろう。トップハンデだが、57kgはこれまで背負って善戦してきたので苦になるまい。

「○」は穴人気しそうだが、11番ショウナンバルディを指名する。

 前走は中日新聞杯(G3)。内枠を活かして逃げを打ち、1000m61.1秒のマイペースでレースを進め、そのまま後続を封じて完勝した。

 これが初重賞制覇だったにもかかわらず、ステラヴェローチェと同じくトップハンデの57kgを背負わされるのは少々見込まれすぎな感はあるが、昨年の鳴尾記念(G3)や七夕賞(G3)の好走が高く見積もられてしまったのだろう。

 とは言え、57kgが初斤量というわけでもなく、好走歴もあるのでこちらは問題なかろう。むしろ問題になりそうなのはキャリア25戦で2200mが初距離という点か。デビューから徹底して1800mと2000mだけを選んで使われてきており、唯一3歳時に2400m戦を走っているが、9着と完敗している。

 父キングズベストは基本的に中距離に強い種牡馬だが、突然変異的にエイシンフラッシュのような距離をこなす大物も輩出している。また、ダイヤモンドS(G3)を勝った産駒もいるなど、完全にマイナスというわけではなさそうだ。1ハロン延長はしのげると見ての「○」とした。

JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは