NEW

JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感

【この記事のキーワード】, ,
JRA大出世レース・共同通信杯(G3)に今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器の出現に期待の画像1
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 約1か月後、2月13日に東京競馬場で行われる共同通信杯(G3)に、今年も好メンバーが集まりそうだと話題になっている。

 昨年はエフフォーリアがここで重賞初制覇を飾ると、その勢いのまま皐月賞(G1)も勝利。秋には天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)を連勝し、年度代表馬まで上り詰めた。

 他にも、ここ10年でゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティと勝ち馬から3頭の皐月賞馬が出現。他にもリアルスティール、スワーヴリチャード、ダノンキングリーが後にG1を勝つなど、近年はまさに登竜門といえるレースだ。

 そんな出世レースに、今年もクラシックを狙う大物候補たちが集結した。中でも、注目されているのが、札幌2歳S(G3)の覇者ジオグリフ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 前走の朝日杯フューチュリティS(G1)では、2番人気に推されたものの5着。ただ、1800mでデビューしている通り、マイル戦はやや忙しい印象だった。2戦2勝の1800mに戻れば本領発揮は必至の存在だ。

 モーリス産駒の兄アルビージャが2000mを超えるレースで3連勝。昨年、初年度産駒がデビューしたばかりのドレフォン産駒ながら、距離が延びるクラシックでも楽しみな存在になるだろう。

JRA大出世レース・共同通信杯(G3)に今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器の出現に期待の画像2
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 そんなジオグリフと人気を分け合うことになりそうだなのが、ダノンスコーピオン(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 前走の朝日杯FSでは、勝ったドウデュースに0.2秒差の3着と力を見せた。だが、こちらも1800mでは、後にホープフルS(G1)を勝つキラーアビリティをクビ差で退けた萩S(L)の勝利が光る。

 今月6日に帰厩し、じっくりと調整。管理する安田隆調教師も「今週末あたりから時計を出していく予定」と話しており、クラシックを見据え、ここで賞金加算を狙ってくるはずだ。

 この2頭に割って入れるだけのスケールを感じさせるのが、ダノンベルーガ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 1戦1勝と実績面では見劣るが、11月のデビュー戦で見せた上がり3ハロン33.1秒の豪脚には、底知れないスケールが感じられた。鞍上の石橋脩騎手も「最後の脚はすごかった」と手放しで絶賛。2019年のセレクトセールにおいて1億6000万円(税抜き)で落札された大器が早くも片鱗を見せた。

 父ハーツクライに、母はBCジュヴェナイルフィリーズターフ(米G1)で2着した実績馬と、早期から活躍できる下地は揃っている。ここで賞金を上積みできるようなら、クラシックで上位を争う存在になるだろう。

JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!