NEW

JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とはの画像1
ペルシアンナイト

 昨年は人気馬の引退が相次いだ1年となったが、今年も早速、明け8歳となったペルシアンナイトの引退が発表された。

 デビュー3戦以降は全て重賞に出走し、出走回数は海外も含みなんと33回。3歳時にマイルチャンピオンS(G1)を制したほか、7歳となった昨年も札幌記念(G2)とチャレンジC(G3)でそれぞれ3着に食い込むなど、息の長い活躍ぶりだった。

 今後は馬事公苑で乗馬になる予定。SNS上では「種牡馬入りじゃないのか」と驚きの声や、「産駒が見たかった」と残念がる声などが多くあがっている。

 また、同馬の引退により、いよいよ看板馬不在となってしまうのが関西の名門・池江泰寿厩舎だ。

 ペルシアンナイトの獲得総賞金約4億6000万円は、同厩舎の現役馬の中で2位に倍以上の差をつけており、圧倒的な稼ぎ頭だったと言ってよいだろう。

 池江厩舎と言えば、かつてはオルフェーヴルやサトノダイヤモンド、ドリームジャーニーなど数々の名馬を輩出してきた言わずと知れた名門である。

 2007年から2020年まで調教師リーディングは常に一桁をキープ。最多勝も3回輝いており、池江厩舎の馬を買えば馬券になるという気持ちになった人も多いのではないのだろうか。

 ところが最近は、どうも雲行きが怪しい。

 最後の重賞勝ちは2020年の12月まで遡り、重賞連敗記録はまさかの「71」となってしまっている。昨年の重賞に限ると、1番人気に推されながら3着以内になったのは、たったの1回。残りは着外と、なんとも寂しい結果である。

 昨年はAJCC(G2)で2着に食い込み、更なる活躍が期待されていたヴェルトライゼンデが屈腱炎発症で長期離脱を余儀なくされた。その他、マイラーズC(G2)2着などの実績のあるアルジャンナが今年に入って他厩舎へ転厩するなど、良いとは言えないニュースが続いている。

JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?