NEW

JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に

【この記事のキーワード】, ,
JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台にの画像1
武豊騎手

 15日、中京競馬場で行われた愛知杯(G3)は、7番人気の伏兵ルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が勝利。アタマ+クビ差というハンデ戦らしい接戦を制し、嬉しい重賞初制覇を飾った。

「1番枠で、インを狙おうと思っていました」

 鞍上・武豊騎手の作戦が見事ハマったこの日の愛知杯は、1番人気だったアンドヴァラナウトが惨敗したこともあって、三連単が12万馬券となる波乱の決着。改めてハンデ戦の難しさを知らしめた一戦となったが、その一方で冷静にルビーカサブランカを高評価していたファンもいたようだ。

「白毛のソダシの厩舎として注目される須貝厩舎の管理馬ですが、本馬を担当しているのが、ゴールドシップを手掛けたことで有名な今浪隆利厩務員。他にもレッドリヴェールが阪神JF(G1)を勝つなど、JRA・G1通算9勝、重賞20勝という担当数が限られる厩務員の常識を超えた超腕利きです。

実はルビーカサブランカも今浪さんが担当しており、厩舎の中でも元々期待の高い馬でした。ここまで出世が遅れましたが、兄は古馬になって重賞を3勝したユーキャンスマイル。これからますます楽しみな存在だと思います」(競馬記者)

 レース後、今浪厩務員は自身のTwitterで「ルビー無事に帰ってきました(笑顔)勝ったぞ」とファンに勝利の報告。早くも多くのリプライが寄せられているようだ。

 また、今回のルビーカサブランカを注目する上で重要な要素となったのが、昨年5月に行われたシドニーT(3勝クラス)だったという。

 今回と同じ中京の芝2000mで行われた一戦。1着から4着まで1/2、クビ、クビという大接戦ながらルビーカサブランカは3着に敗れており、一見すると大きな強調材料にはならなさそうだ。

 しかし、このレースを勝ったのは、この日の愛知杯で2番人気に支持されていたソフトフルートだ。これだけでもルビーカサブランカの7番人気はやや低評価だったように思えるが、2着には昨秋のエリザベス女王杯(G1)を制したアカイイトというビッグネームが……。

 さらに4着のクラヴェルも、後のエリザベス女王杯で3着に好走しているのだから、非常にレベルの高いレースだったことがうかがえる。

JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  5. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待