NEW

JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力

JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力の画像1
オーソクレース

 23日(日)、中山競馬場では古馬中距離重賞のアメリカジョッキークラブカップ(G2、以下AJCC)が開催される。中心となりそうなのは、重賞未勝利ながら今後の飛躍が見込まれる良血馬2頭だ。

 まずはG1で2度の2着を誇るオーソクレース(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎)。最強世代といわれる現4歳世代の1頭だが、エフフォーリアとは対戦がない。まだ底を見せていない魅力がある。

 母のマリアライトは4歳秋にエリザベス女王杯(G1)、5歳春に宝塚記念(G1)を制覇した名牝だが、本格化の兆しを見せたのが4歳春ごろだった。

 初仔のオーソクレースは母とは異なり、デビュー2連勝を果たすなど、2歳時から一線級で活躍。ホープフルS(G1)でダノンザキッドの2着に入り、牡馬クラシック戦線で主役候補の1頭に数えられていた。

 ところが態勢が整わなかった皐月賞(G1)を回避すると、日本ダービー(G1)前に骨折が判明。結局、春は全休となった。

 実戦に復帰したのは9月のセントライト記念(G2)。骨折明けとしては上々の3着に好走すると、続く菊花賞(G1)でタイトルホルダーの2着に入り、スタミナと底力があるところを証明した。

 その後、陣営は長距離を走った疲労を考慮し、年内の出走を見送り。満を持して今年初戦を迎える。

 鞍上を務めるのは昨年のこのレースをアリストテレスで制しているC.ルメール騎手。母マリアライト譲りの強烈な末脚を引き出し、オーソクレースに重賞初勝利をプレゼントすることができるか。

JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力の画像2
ポタジェ

 対抗格に目されるポタジェ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)もオーソクレースに負けず劣らずの良血だ。半姉は重賞を4勝したルージュバック(父マンハッタンカフェ)で、こちらは父がディープインパクトである。

 この馬も重賞未勝利ながら、デビューから大崩れすることなく好走を続けている。デビューから12戦して唯一馬券に絡めなかったのが前走の天皇賞・秋(G1)。勝ったエフフォーリアには0秒8差をつけられたが、のちに香港で好走したヒシイグアスとはクビ差だった。

 中山コースはデビュー戦以来2度目の出走。そのときはスタートで出遅れたが、向正面で捲っていき、直線で豪快な差し切り勝ちを収めている。

 芝2200mは自身初めての距離となるが、姉のルージュバックが5歳秋に制したのが同じコースで行われたオールカマー(G2)だった。姉が得意としたいわゆる非根幹距離で新たな一面を見せられるか。

 鞍上は全5勝を挙げている好相性の川田将雅騎手が前走に続き務める。遅れてきた大器の能力を引き出し、重賞初勝利に導きたい。

JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは