NEW

【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む

【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧を跳ね返せるかの画像1

 23日には中京競馬場で今年最初のダート重賞、東海S(G2)が行われる。来月20日のフェブラリーS(G1)に向けて今年は面白いメンバーがそろいそうだ。

 主役候補の1頭が昨年の当レースを2番人気で制したオーヴェルニュ(牡6歳、栗東・西村真幸厩舎)だろう。

 昨年は東海Sで3連勝を決めると、勢いに乗ってフェブラリーSに臨んだ。ところが大幅に馬体重を減らすなど、体調が万全ではなかったか13着に敗れた。

 巻き返しに成功したのは、一息入れて臨んだ5月の平安S(G3)だった。好位追走から直線先頭に立つと後続をあっという間に突き放す圧巻のパフォーマンス。2着馬に6馬身差をつけ、コースレコードのおまけ付きだった。

 しかし、その後は一転不振に陥ってしまう。帝王賞(G1)、みやこS(G3)、チャンピオンズC(G1)と3戦したが、いずれも着外。その3戦でつけられたタイム差は合計4秒3に上る。近3走で評価は急落中といえそうだが、ここでは1番人気が濃厚か。

 理由は重賞を2勝するなど中京ダートを得意としているからだ。これまで4戦3勝で、唯一の敗戦が前走・チャンピオンズCでの6着だった。

 その前走はレース後に福永祐一騎手が話したように「勝負どころでタイトになってしまった」ことが敗因。「あそこでついて行ければ2着はあった」という福永騎手の言葉通りなら、ここでは頭一つ抜けた存在だろう。

 負傷中の福永騎手に替わって、今回鞍上を務めるのは21歳の団野大成騎手。もし1番人気に支持されれば、通算57回のJRA重賞レース騎乗で初めての経験となる。テン乗りという重圧をはねのけ、オーヴェルニュを2001~02年のハギノハイグレイド以来の連覇に導きたい。

 逆転候補の筆頭が、大井の女傑サルサディオーネ(牝8歳、大井・堀千亜樹厩舎)だろう。

 昨年9月の日本テレビ盃(G2)ではダノンファラオなど中央牡馬勢を相手にせず、逃げ切り勝利を収めた。しかし、続くJBCレディスクラシック(G1)は不得手とされる右回りで10着に大敗。主戦の矢野貴之騎手は「初めての競馬場だからなのか戸惑っていた」と敗因を語った。

 巻き返しを期して臨んだ前走は、船橋のクイーン賞(G3)。トップハンデの56.5kgを背負い、直線でも手応えは残っていたが、ゴール寸前でダイアナブライトに差され2着に敗れた。

 明けて8歳となり、大井移籍後は初となる中央でのレースを迎える。中京は過去4戦して2勝している舞台で、相性は決して悪くない。作戦も逃げの一択だろう。競りかけてくる馬がいなければ、3年5か月ぶりとなる中央での勝利も見えてくる。

【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  2. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  3. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  4. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  7. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  8. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  9. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!