NEW

JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回の画像1
戸崎圭太騎手

 15日、中山競馬場で行われたカーバンクルS(OP)は、北村宏司騎手の4番人気サンライズオネストが優勝。早め抜け出しから粘り込みを図る1番人気マイネルジェロディ、それに迫るマリアズハートの2頭を、ゴール寸前で外から豪快に差し切った。

 4着には2番人気のルッジェーロが入った中、3番人気で13着に大敗したのが、戸崎圭太騎手とダノンチェイサー(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)のコンビだ。

 同馬は2017年のセレクトセール1歳セッション、2億7000万円(税込)で取引された超高額のディープインパクト産駒。19年のきさらぎ賞(G3)を勝利し、同年のNHKマイルC(G1)でも4着に入ったが、日本ダービー(G1)を前に故障が判明。

 その後、約1年の休養を挟み、20年6月の米子S(L)で戦列に復帰。その年の信越S(L)で3着に入って以降は精細を欠いたものの、初のスプリント戦となった昨年12月のラピスラズリS(L)で0秒1差の3着に好走と復調気配を感じる内容だった。そのため、今回は単勝オッズ6.7倍の支持を集めていた。

 芝1200m、16頭立てのレース。14番枠からスタートを切った戸崎騎手とダノンチェイサーは、道中3番手の外目。前半3ハロン33秒1とペースが流れた影響もあったか、4コーナーで手応えが怪しくなると、直線入り口で早くも後退。最後は馬群に飲み込まれた。

「約3年ぶりとなる勝利も期待されていましたが、ほとんど見せ場を作ることができませんでしたね。好走した前走は中団のインで脚を溜め、最後に鋭い伸びを見せていました。今回は行きっぷりよく先行したことが、かえって裏目に出てしまったのかもしれません」(競馬誌ライター)

 その好走した前回は菅原明良騎手の手綱。今回、テン乗りの戸崎騎手としても、期待に応えたいところだったが、残念な結果となった。

 というのも戸崎騎手はこの日、メインのカーバンクルSが始まる前まで8戦して未勝利、人気以上の着順も1つもなしと大苦戦。ダノンチェイサーは先述の通り、最終のモーソンピークも3番人気に推されたものの、ほとんど見せ場なく6着に敗れたことで土曜の中山は全敗が確定した。

 なお全10鞍のうち、3番人気以内の馬には合計で8回騎乗したが、馬券に絡んだのも1番人気のノーブルシルエットで3着に入ったアレキサンドライトS(3勝クラス)のみだった。

「ちなみにダノンチェイサー以外にも、8Rのホウオウセレシオンと9Rのロムネヤが、セレクトセールで2億円を超える高額で落札されており、モーソンピークもクラブ法人のシルクレーシングにて、総額1億5000万円で募集された高馬です。

この日、戸崎騎手が騎乗した全10頭の取引価格や募集額を合計すると、税込みで9億6000万円を超える計算になります。約10億円に迫る超豪華ラインナップだったものの全敗、また人気を上回る着順も1つもなかったことで、ネットの掲示板やSNSなどには、『さすがに酷すぎる』といった声も挙がっていました」(同)

 同日の中京では、お手馬のマジックキャッスルが愛知杯(G3)に出走したが、共に遠征はせず。地元で固め打ちも期待されていた同騎手だったが、いまひとつ手綱が冴えない1日となってしまったようだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り、全10鞍で未勝利、人気以上の着順ナシ、馬券圏内わずか1回のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠