NEW

JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?

【この記事のキーワード】, ,
JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?の画像1
コントレイル

 先日、2021年度『JRA賞』の調教師部門で2年連続で最多勝利、最多賞金獲得、優秀技術の3部門を受賞。『厩舎関係者表彰』でも2年連続で関西第1位となり、優秀厩舎賞を受賞した矢作芳人調教師。

 またJRA賞競走馬部門でも、管理していたコントレイル、ラヴズオンリーユーが「最優秀4歳以上牡馬」「最優秀4歳以上牝馬」を受賞。昨年行われたブリーダーズC(米G1)では、マルシュロレーヌで日本調教馬による初勝利を挙げるなど、管理馬2頭がいずれも勝利する偉業を成し遂げ、名実とも「世界のYAHAGI」を印象付けた。

 そしてコントレイル、ラヴズオンリーユーといった厩舎を代表する名馬が引退して迎えた今年。破竹の勢いで勝利を重ねていた矢作厩舎が、思わぬ足踏みをしている。

 2022年の中央競馬が開幕したものの開催4日目まで未勝利。15日に、ようやく今年の初勝利を挙げた。YouTubeチャンネル『netkeibaTV』で行われた直木賞作家・馳星周氏との対談動画では、今年について「これだけ勝った後だから厳しいのは分かっている」と発言をしていたが、そんな懸念が現実になってしまうスタートとなった。

 昨年の矢作厩舎といえば、やはりコントレイルの福永祐一騎手、ラヴズオンリーユーの川田将雅騎手とのコンビが印象に残っているファンも少なくないだろう。

JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?の画像2
坂井瑠星騎手

 しかし実際は福永騎手が7回、川田騎手も17回しか騎乗していない。最も騎乗数が多いのは坂井瑠星騎手の128回。2020年も165回と、厩舎に所属する愛弟子を積極的に起用している。

 一方で、その坂井騎手は2019年から30勝、42勝、53勝と毎年勝利数を伸ばし、重賞も3年連続で勝利。15日にはJRA通算200勝を達成し、16日には矢作厩舎へ今年2勝目を届けている。

 5日に放送された『ウイニング競馬』(テレビ東京)では、矢作調教師が坂井騎手に「年間100勝以上出来ると思うし、勝ってもらわないと困る」と改めて期待。その坂井騎手は以前から「矢作厩舎の馬でG1制覇」を目標に掲げているようだ。

 看板馬が相次いで引退して迎えた今年は、苦戦が予想される矢作厩舎。リーディングステーブル反撃のキーマンは福永騎手でも川田騎手でもなく、間違いなくこの男だろう。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは