NEW

JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」

【この記事のキーワード】, ,
JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」の画像1
C.ルメール騎手

 15日、中京競馬場で行われた10R紅梅S(L)は、1番人気に支持されたフォラブリューテ(牝3、美浦・宮田敬介厩舎)が勝利した。勝ち時計は1分21秒8。

 9頭立てで行われた芝1400m戦。スタート後にダッシュがつかなかったフォラブリューテは、後ろからの競馬となったが、1枠1番という好枠をいかし、道中は後方の内で脚をためた。

 最後の直線で鞍上のC.ルメール騎手が外に進路を切り替えて追い出すと、ただ1頭34秒台の最速上がりを披露。最後は逃げ切りを図るダークペイジを差し切った。

 レース後、ルメール騎手は「いつも通りスタートは速くなく後ろからになりました。その後はすぐに流れに乗れて外に出したらいい脚で伸びました。1400mは合っていますが、新馬戦でも1600mを走っているようにマイルでも大丈夫です。パワーアップしています」とコメント。春の大舞台である桜花賞(G1)へ向けて、成長を見せる1勝となった。

 フォラブリューテといえば、父エピファネイアと母ブルーメンブラットの間に生まれた良血馬として、デビュー前から大きな注目を集めていた逸材だ。新馬戦では川田将雅騎手が騎乗し、単勝1.7倍の断然の1番人気に応えて勝利。それもラスト3ハロンの上りは33秒0と強烈な決め手を繰り出し、2着に4馬身差をつける圧勝だった。

 新馬戦の内容が評価され、前走のアルテミスS(G3)ではルメール騎手が騎乗し、1番人気に推された。しかし、スタート後に他馬にぶつけられ、後ろからの競馬を余儀なくされると、最後の直線でもデビュー戦で披露した切れ味はなく5着に敗れた。

 前走で1番人気を裏切ったにもかかわらず、今回の紅梅Sでも再度1番人気の支持を受けたフォラブリューテ。見事期待に応え前走からの巻き返しに成功し、桜花賞に向けてのプランも現実味を帯びてきた。

 「紅梅Sでの勝利は、桜花賞へ向けての賞金加算という点でも、非常に大きかったといえるでしょう。ルメール騎手は、先週行われたシンザン記念(G3)をラスールで7着、フェアリーS(G3)をエリカヴィータで10着と共に牝馬で結果を残せませんでした。

阪神JF(G1)で7着に敗れたステルナティーアがチューリップ賞(G2)に向かうという事で、その結果にもよりますが、桜花賞でフォラブリューテに騎乗する可能性もでてきましたね」(競馬誌ライター)

 桜花賞の成績は「2-1-2-2/7」と、勝率28.6%を誇るルメール騎手を確保できれば、陣営としても心強い限り。目まぐるしく動く今後の3歳牝馬戦線にも、目が離せない状況だ。

 馬名のフォラブリューテとは、ドイツ語で「満開」を意味する。春の大目標桜花賞での「満開」を目指し、今後の活躍にも注目したい一頭だ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA桜花賞候補が「汚名返上」の巻き返し! 前走裏切りからの最速上がりにC.ルメール「パワーアップしている」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇