NEW

JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか

JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるかの画像1
アサマノイタズラ

 23日、中山競馬場で開催されるアメリカジョッキークラブC(G2、以下AJCC)は、今年の古馬中距離戦線を占う重要な一戦だ。

 古くは1999年にスペシャルウィーク、近年でも始動戦に選んだ2012年にルーラーシップ、20年にブラストワンピースが出走するなど、G1級の大物が勝ち馬に名を連ねている。

 そして今年のこのレースで、巻き返しを期す1頭がアサマノイタズラ(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)である。

 昨年暮れの有馬記念(G1)に参戦した前走は、10番人気で16着と振るわなかったが、AJCCが行われる中山芝2200mの舞台なら話は別。同じ舞台となる昨年9月のセントライト記念(G2)を制したのだから、陣営も力が入るだろう。

 なんといっても、このとき負かした相手は、後の菊花賞馬タイトルホルダー、昨年12月のチャレンジC(G3)を圧勝したソーヴァリアント、菊花賞(G1)で2着に入ったオーソクレースなど、実力馬が多数。持っている実力さえ発揮できれば、アサマノイタズラも遜色ない能力の持ち主といえるはずだ。

JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるかの画像2
田辺裕信騎手

 ただ、絶好のチャンスといえる陣営に降りかかったのが、主戦である田辺裕信騎手の戦線離脱という痛恨のアクシデントである。同騎手の身近に体調を崩した知人が出たため、田辺騎手にも濃厚接触者となる可能性があり、新型コロナウイルス感染拡大予防を優先することとなった。

 その結果、騎乗を予定していた馬の乗り替わりも発生し、いまだ復帰がいつになるのかも判明していない状況だ。こういった経緯もあって、AJCCに出走を予定しているアサマノイタズラの鞍上は未定のまま。代わりの騎手を探すにしても、乗り難しい馬でもあり、陣営としても頭が痛いところだろう。

「田辺騎手の動向を気にしているのは、嶋田純次騎手も同じかもしれませんね。乗り替わる前、アサマノイタズラはデビューからずっとコンビを任されていたパートナーでしたから……。

デビュー12年目の嶋田騎手ですが、ここまで重賞勝ちとは縁がありません。降板してすぐのレースで他の騎手にあっさりと勝たれたという悔しさもあるはずです」(競馬記者)

 重賞級の能力の片鱗を見せていたアサマノイタズラに愛弟子である嶋田騎手を乗せ続けた手塚師。非情采配にも映ったセントライト記念の降板劇だったが、皮肉にも乗り替わった途端に勝利するという結果が待っていた。

 ただ、田辺騎手の騎乗が不透明な状況だけに、師匠からの“恩情騎乗依頼”があるようなら、嶋田騎手にとって、汚名返上の最大のチャンスとなるかもしれない。

 いずれにしても、最終的にどの騎手がコンビを組むことになるのか。陣営の結論に注目したい。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは