NEW

「甘い!」といわれるパチスロ機は本当に甘いのか…設定不問で遊技

【この記事のキーワード】, ,
「甘い!」といわれるパチスロ機は本当に甘いのか…設定不問で遊技の画像1
6号機『新ハナビ』も本当に甘いのか…?

 突然だが、私のオーハナBというペンネームは、ユニバーサル系の人気パチスロ機『ハナビ』や『大花火』が由来である。無類の花火シリーズ好きが興じて考え出したペンネームだ。

 当時は4号機時代でありアルゼだった頃の偉大な名機『ハナビ』は勿論のこと『大花火』は非常によく打ち込んだ。液晶版ハナビといわれる『青ドン』もお気に入りの機種である。

 2015年に販売され現在も約3000店舗に設置中のアクロス『ハナビ』は、初代ハナビを見事に再現。設定もあまり気にせずに打つことのある数少ない機種でもある。

 その花火シリーズに共通するのが『甘い』といわれていること。技術介入要素が満載の花火系機種は目押しを駆使しフル攻略すれば低設定でも機械割が100%を超える。そういったところが『甘い』といわれる所以だ。

【注目記事】
パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!!
パチスロ「設定1が万枚チャンス!?」…終日1万6800枚も話題となった鬼スペック!!

 本機最大の特徴は「ダブルルートシステム」と呼ばれる2つの大当りへの道のり。図柄による液晶当りと役物抽選を契機とした小当り経由、つまり本来的な1種2種混合機のゲーム性となっている。

 そんな甘い4号機初代ハナビの恩恵はあり余るほどに授かったし、5号機ハナビの甘さも味わってきた。

 では6号機『新ハナビ』も本当に甘いのか?そこで時間を見つけては、新ハナビを設定不問で遊技してみることにしたのである。

 新ハナビの設定1の機械割は98.1%。ビッグボーナス確率は約1/277でレギュラーボーナス確率は約1/356。フル攻略では102%となっているのだが、果たして…。

 その試行回数は31回。約半年の間に概ね週1くらいのペースで実戦した。

 戦績は17勝14敗で遊技した店舗は複数。設定不問とはいえ、さすがに適当には座らず一応少しでも数字の良い台を選んではいる。しかし、残念ながら高設定らしき台に巡り合えたことは一度もなかった。

 総回転数は2万G弱で1回ごとの遊技時間は、ほんの小一時間程度。ちなみに私の目押し技術は人並み。当然の如く新ハナビの目押しも完璧ではない。

「甘い!」といわれるパチスロ機は本当に甘いのか…設定不問で遊技のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合