NEW

パチスロ新台「ビッグ約310枚」獲得で「1G蓮」搭載…新ノーマルタイプは上部パネルに秘密あり!?

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ新台「ビッグ約310枚」獲得で「1G蓮」搭載…新ノーマルタイプは上部パネルに秘密あり!?の画像1

 いよいよ新しいノーマルタイプが降臨する。

 1月24日のデビューを控える西陣の『パチスロ春一番』は、そのタイトルからもお分かりの通り、同社の看板パチンコシリーズ『春一番』がモチーフ。通常時は毎ゲームのレバーONでボーナスのガチ抽選が行われ、当選時は筐体上部にある業界初の「一番パネル(通称:パタパタ)」で告知が発生する。

 告知タイミングは後告知が約75%、先告知が約20%、特殊告知が約5%。レバーONで筐体左右のランプに光が流れればチャンス到来で、特殊告知には下パネル消灯、セグ表示、払い出し音の変化など豊富なパターンが用意されている。

 ビッグ、REGと2種類あるボーナスはどちらも1G純増約5.0枚の疑似ボーナスで、押し順ナビに従うだけでビッグは約310枚、REGは約105枚の獲得が可能。ボーナス中はレバーONでの予告音発生でチャンスを迎え、第1停止「こい」→第2停止「こいこい」→第3停止「きたー!!」まで発展した場合はボーナス「1G蓮」が約束される。

【注目記事】
甘デジ新台「最短75回転」でRUSH濃厚の遊タイム発動! 通常大当りでも「約78.9%継続」の連チャン特化RUSHが熱い!!
パチンコ爆速ブームの火付け役『ダンバイン』を打てる “今”を大事に…超速×高ループRUSH最後の勇姿を見届ける

 また、フリーズの発生は春一番絵柄の3つ揃いから「極頂ボーナス」が発動。確率は約7万分の1と極めて低いが、首尾よく引き当てられれば、その期待出玉は約2,000枚にも及ぶ。

 通常時は左リール第1停止が推奨で、春一番絵柄を目安にチェリーを狙って残りリールはフリー打ち消化でOK。中段チェリーや角チェリーからのボーナス絵柄テンパイ、或いは右リール中段ボーナス絵柄停止はボーナス確定のリーチ目となる。

 設定は「1」~「6」の6段階。ビッグ出現率は設定1:322.8分の1~設定6:281.7分の2、REG出現率は設定1:459.2分の1~293.3分の1、ボーナス合算出現率は189.0分の1~143.4分の1で、機械割は設定1:97.3%~設定6:106.0%となる。

 ボーナス出現率以外の設定推測要素としてはボーナス終了時の上部パネルがあり、ここでは「赤短」や「猪鹿蝶」など花札の役が表示される。「三光」や「五光」といった高い役を確認できた場合は、しばらく様子を見るべきであろう。

 なお、本機は疑似ボーナスの特性を活かした仮天井及び天井機能も搭載されており、仮天井へは555G+αで到達→50%でボーナス濃厚。天井は777G+αで、その後はビッグへ大きく期待できる。

パチスロ新台「ビッグ約310枚」獲得で「1G蓮」搭載…新ノーマルタイプは上部パネルに秘密あり!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合