NEW

JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント

【この記事のキーワード】, ,
JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデントの画像1
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 16日、中京競馬場で行われた4Rの3歳新馬(ダート1800m)は、松山弘平騎手の1番人気ウィングヘヴン(牝3歳、栗東・茶木太樹厩舎)が優勝した。直線で楽に抜け出すと、後続を見る見るうちに離していく6馬身差の圧勝で、1番人気の期待に応えた。

「まだ良くなっていきそうなので、これからが楽しみです」

 これほどまでの圧勝にも関わらず、松山騎手の口から出たコメントは未来を見据えていた。10分後に中山競馬場で行われたダート1800mの新馬戦を圧勝したチャプリと並んで、これからのダート牝馬界を背負っていく。そんなスケールの大きさを感じさせるレースだった。

 14頭立ての牝馬限定戦。ウィングヘヴンはまずまずのスタートから行き脚がつくと、好スタートを決めて逃げるスマートグランデをマークする形で追走する。その後は隊列が大きく変わることなく、淡々とレースが進み4コーナーへ。

 直線入口で自身に次ぐ2番人気に並びかけて早々に蹴落し独走状態に持ち込むと、あとは突き放す一方。スタートも手前替えも上手に行った上での圧勝に『スポーツニッポン』の取材で茶木師は「強かったです。今日のところは言うことがないです」と、100点満点を与えていた。

 同馬の父は近代の米国競馬において、最強馬との呼び声も高いアロゲートだ。2016年のBCクラシック(G1)で当時世界ランキング1位のカリフォルニアクロームとの接戦を制してトップの座を奪うと、その後も数々の大レースを優勝。また、19年にウィンクスに抜かれるまで、獲得賞金世界歴代1位だった。

JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデントの画像2
武豊騎手

 アロゲート産駒といえば、武豊騎手に「半端ない」と、ベタ褒めされたジュタロウなど粒揃い。だが、本馬も着差だけでなくレース内容も優秀で、アロゲート産駒の評価を上げるのに一役買ったといえそうだ。

「走破時計も1分54秒4と、良馬場で行われた新馬戦にしては優秀な時計です。同日の同条件で行われた2Rの未勝利戦より3秒近く速かったですし、6Rの1勝クラスでも連対可能なタイムでした。

血統はゴリゴリの米国血統で、とにもかくにもダートが合うという印象です。毛色もお父さんを彷彿とさせる芦毛で、松山騎手のコメント通り今後伸びていきそうですよ」(競馬記者)

 そんな将来性豊かな芦毛牝馬をアクシデントが襲ったのは18日。所有するキャロットファームから本馬が右前脚の第3手根骨を骨折したと発表したのである。

 まるで疾病によりデビューが遅れ、早逝した父を連想させる早い時期での怪我に、ネット上のファンからは驚きとともに無念の言葉が多く発せられた。

「程度はまだ分からないので何とも言えませんが、これは痛いですね……。左右の違いはありますが、同クラブのグランデマーレも同じ箇所を骨折し、その後復帰しています。競走能力に影響無く、復帰できることを祈るばかりです」(同)

 怪我で2戦目以降は白紙となってしまったが、まだ3歳1月の段階。治療に専念し、ゆくゆくは同クラブの先輩であるマルシュロレーヌに並ぶ偉大なダート牝馬になってくれることを願いたい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは