NEW

JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配

JRA父親参観横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配の画像1

 23日、中山競馬場で開催されるアメリカジョッキークラブC(G2、以下AJCC)。

 中山芝2200mで争われるこの古馬重賞には、今年の飛躍を誓う中距離路線の素質馬が多数エントリー。昨年は菊花賞(G1)2着以来の競馬となったアリストテレスが、1番人気に応えて勝利した。今年もハイレベルと評される明け4歳世代のオーソクレースが、人気の中心となりそうだ。

 C.ルメール騎手が騎乗を予定している同馬を筆頭に、先週の中京で土日の重賞を制覇して勢いに乗る金子真人オーナーの所有馬ポタジェ、ボッケリーニなど、楽しみなメンバーが揃った。

 だが、強力メンバーの集まったこの舞台で、絶好の狙い目となりそうなのが、横山典弘騎手とのコンビで挑むキングオブコージ(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 19日現在、『netkeiba.com』における単勝予想オッズは、4番人気となっているが、オーソクレースが圧倒的な1番人気を予想されるだけに、この人気でも配当的な妙味は十分にあるだろう。

 その一方、ファンの脳裏に浮かぶのは、同じ中山の芝2200mで行われた昨年のオールカマー(G2)での敗戦かもしれない。このときは、骨折による長期休養明けということもあり、1年近いブランクも響いた。

JRA父親参観横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配の画像2
横山典弘騎手

 9着に敗れたとはいえ、鞍上の横山典騎手が無理をさせなかったのは、馬の状態を最優先する騎手だけに、ある程度の想定を出来た内容だった。

 さらには、最後の直線でターフビジョンをチラ見する姿に、三男の武史騎手が騎乗していたウインマリリンの動きを確認していたのではないかと噂された。レッドジェネシスに騎乗した昨年の日本ダービー(G1)でも、息子の姿を目で追う“父親参観疑惑”もあっただけに、ファンが過敏に反応したのかもしれない。

 今回もライバルとなるボッケリーニに武史騎手が騎乗するため、ファンも気が気でないだろうが、その心配は杞憂に終わりそうだ。

「陣営は順調な仕上がりをアピールしていましたが、オールカマーの敗戦は状態的にもやむを得ないでしょう。典さんも返し馬や道中の雰囲気で、まだ本調子ではないと判断したため、無理をさせなかったと思います。

5着に敗れはしましたが、むしろ前走の中日新聞杯(G3)の内容こそ評価したいです。このときは前走から10キロ増でデビュー最高体重。レース中も勝ち負けを意識した乗り方をしていましたから、ここが絶好の狙い目でしょう」(競馬記者)

JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは